「医者と結婚したい!」結婚前に知っておくべきデメリットと出会い方

投稿日:2019年8月20日 更新日:

 
医者と結婚したい!!!!!

こう思っている人はやっぱり多いです。

【参考】女性が「結婚したい職業」ベスト10|女子SPA!

女子SPA!が行った結婚したい職業のアンケートでも、公務員を抜いて堂々の1位となるほど、結婚相手として理想の職業でもある「お医者さん」。

この記事では、そんな医者と結婚するために知っておきたい、医者の結婚事業なかなか出会えない医者との出会い方結婚するまでの準備や作戦などをお伝えします。

また、医者との結婚には主に収入面でのメリットがあるものの、一方でデメリットもあります。そのようなデメリットも十分に知った上で結婚相手としてのお医者さんを探していきましょう。

医者の結婚事情と医者の特徴

まず初めに医者の一般的な結婚事情や職業柄の特徴など、一般的なお医者さま像というのをまとめてみました。医者と結婚したいのであれば、まずは相手がどのような人であるかはしっかり把握しておきたいところですね。

当然、医者の全員が全員このような人だとは断言できませんが、ある程度「このような人だ」という認識は持っておきましょう。

【結論】医者はモテる!

結論からお伝えしますと、お医者さんはかなりモテます。冒頭でもご説明したように、数々の「結婚したい職業ランキング」で医者が上位にランクインしています。

結婚相手として人気ということは「モテる」と言い換えることができるでしょうし、さらに言い換えるならば、ライバルとなる同性も多いので医者のハートを射抜く難易度も高いと言えるでしょう。

医者と結婚をしたいのであれば、医者と出会える環境を作ることも大事ですが、出会った後に医者の方の目に留まるような自分磨きもしっかりしておく必要があるということですね。

出会う方法や自分磨きのポイントについては後述しますので参考にしてみてください。

男性医師の未婚率は低い

結婚相手として引く手あまた状態のお医者さんは、かなりの高い確率で結婚していることになります。内閣府男女共同参画局の統計によると、平成22年の生涯未婚率()は男性が20.1%となっています(情報が古いのでさらに未婚率が上がっている可能性が高いです)。

一方で、調査元は違いますがDtoDコンシェルジュの調査によると、医師に限定した男性の生涯未婚率は3%とかなり低いデータが出ています。これは、「医者は結婚しない人が少ないからチャンスがある!」とも受け取れますが、反対に「すでに結婚している」「ライバルが多い」ということも多いと言えます。

生涯未婚率…50歳時点で1度も結婚したことがない人の割合

反対に女性医師は結婚をあまりしない

反対に、女性医師の結婚率はかなり低い結果となっています。同じくDtoDコンシェルジュの結果によると、女性医師の36%が生涯未婚という結果になっています。これは、内閣府男女共同参画局女性全体の未婚率10.6%に比べるとかなり高い未婚率となります。

20~30代の女性にとって結婚に重要な時期が医師としてのキャリアを積むための重要な時期と重なってしまっていることが女性医師の未婚率増加の原因として考えられます。

一般的な医者の特徴

また、恋愛事情以外の医者の一般的な特徴として以下のようなことがあると考えられます。こちらも全てのお医者さんがそうだとは断言できませんが、参考程度に頭の片隅に置いておいていただければと思います。

高収入

医者と結婚したい理由の最たるものとも言えるでしょうし、わかっている方も多いでしょうが、やはりお医者さんは給料も良いです。

引用:【年代別・男女別】医師の平均年収|マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORによると、医者の平均年収は1,000万円オーバーでランキングTOPにもなっています。医者の中でも、さらに細かい分類やキャリアによって多少の違いはありますが、「医者=高収入」これは間違いないと言えるでしょう。

忙しい

医者の収入は安定している代わりに、労働時間が長くてなかなか家庭に時間を割けないということもあります。

引用:医師の労働時間を取り巻く状況について|厚生労働省

厚生労働省によると、週60時間以上働く医者の割合は上記のようになりました。多くのお医者さんが週60時間以上の長時間労働を強いられているという現状があるのです。

法定労働時間が週40時間ですから、それを20時間も超えているとなればかなりの長時間。週5勤務だとすれば、1日12時間以上働いていることになりますので、例えば、8時出勤で退勤が夜20時以降の労働時間となります。「結婚してもなかなか家庭の時間が作れない…。」ということも十分に考えておく必要がありそうです。

プライドが高い

医者は誰でもなれるような職業ではなく、学生時代から必死に勉強をして優秀な成績を残してきたごく一部の人にだけなれる職業です。出身も医大や医学部を卒業して、いわゆるエリートコースを進んできた人達ですし、職業柄「先生」と呼ばれる人達ですので、プライドが高い人が多いと言っても過言ではないかもしれません。

もちろん、お医者さんの全員が全員そのような性格ではありませんが、他の職業の人よりも性格面での不一致なんてことも起こりやすいのかもしれません。

両親が厳格

また、本人以外にも相手の家族のことも気にする必要性が高いと言えます。「医者の家庭」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、子供が医者なら両親も医者である家庭が多いのです。医者の世界は狭き門なので、幼少期から良い学校などに通わせるなど、両親のサポートも大事になります。

両親が医者なら早い段階から医者に向けた英才教育もできるので、結果的に医者の子供も医者が多いのです。ご両親は子供に医者になってもらうために厳格な教育をしてきたことも十分に考えられます

また、医者1人を育てるのに5,000万円程度かかると言われています。普通の職業のご両親であれば、そう簡単には医者を目指すこともできませんね。もしもあなたがごく一般的な家庭で育ってきた方であれば、相手のご両親の価値観とのギャップに戸惑ってしまうかもしれません。

医者が結婚相手と出会うパターン

このように、人気の職業で結婚率も高いお医者さんですが、どのような経緯で生涯のパートナーを見つけているのでしょうか?こちらでは、医者が結婚相手と出会うパターンについてお伝えします。後ほど、医者と出会う方法についても触れていきますので、まずは出会いの場を知っておきましょう。

同級生として

医者の結婚相手として多いものが、学生時代からの友人や知人というケースです。いくら勉強ばかりの医学生だとは言え、学生時代なら医者になった後の激務に比べると時間もありますので、恋愛への時間も作れそうですね。

また、医療の現場を目指す同じ人間として、育ってきた環境など共感できる部分も多いと言えます。

同じ職場で

医療の現場で女性と言えば看護師さんですね。ただ、実際には医者と看護師が結婚というパターンは案外少ないみたいです。それでも長い時間一緒にいますから、ちょっとした恋愛事に発展するということもありますね(後でも触れますが浮気なんてことも起こり得るかも…?)。

患者として

こちらもケースとしてはレアケースでしょうが、患者さんと恋に落ちて結婚に至ったということもあり得ます。医者をやっていれば毎日何十人もの患者さんを相手にします。その中でとびきりタイプの異性が現れるということもあり得るのです。

「医者という立場を使って遊びの恋や不倫はダメだが、真剣なら問題ない」と、患者との恋に前向きなお医者さんも多いようです。

【参考】医師2887人に聞いた「患者と恋に落ちるのってアリ?」|日経Gooday

知人からの紹介

学生時代からの結婚と同じくらい医者の結婚相手との出会い方で多いものは、知人からの紹介もあります。医者と言う時点で、収入・ステータスは十分クリアしていますので、医者側が「そろそろ結婚したい」と声を上げれば、紹介してくれる人は数多くいることでしょう。

お見合いで

親子代々医者の家庭では、親が結婚相手を見つけてお見合いをするという方法も他の職業に比べると多いと思われます。上でも触れましたが、医者であれば両親が結婚や教育に深く関わってくることも多いと考えられます。

結婚相談所などで

このような方法でもなかなか結婚できないという医者は、医者でも結婚相談所などで出会いを求めることもあります。

ただ、やはりお医者さんはこのような婚活の場でもやはり人気となりますので、職業や収入限定のハイクラスな場でないとなかなか出会えないかもしれません

医者と結婚するメリット・デメリット

このページをご覧のあなたは、なぜそもそもお医者さんと結婚したいと思っているのでしょうか?おそらくは、「収入」「安定」などという理由が圧倒的に多いと思います。

確かにそれらはお医者さんなら十分に満たしていますし、医者と結婚すればお金に困ることはほぼないでしょう。しかし、医者と結婚するのにはデメリットも多いということを十分に理解しておいてください

こちらでは、医者と結婚するメリット・デメリットをお伝えしますので、「それでも医者と結婚したい!」という方ならば、さらに読み進めていただければと思いますし、「やっぱり医者は良い所ばかりではない…」と思った方は、医者に絞らずに素敵で理想の相手を探していただければと思います。

医者と結婚するメリット

まずは、医者と結婚するメリットからです。こちらは、皆さんがある程度想像が付いている通りです。

メリット1:収入が良いので家計が安定する

まず、医者と結婚するメリットとして、高収入であるということは間違いありませんね。上記でも触れたように、職業別の収入ランキングでも必ずと言って良いほどTOP3には入ってくる職業です。

年収が1,000万円を超えているお医者さんはさほど珍しくはないでしょう。医者と結婚をしたのであれば、相当な散財や事業・投資などでの失敗でも無い限りお金で困るということもほとんど無いでしょう。

女性の方が医者と結婚をすれば、わざわざ家計のために共働きをする必要性も低く、専業主婦として家庭のことに専念できる可能性も高いです。ただし、医者といっても診療科やキャリアなどによって収入も違いますので、必ずしも年収1,000万円オーバーの高収入ということではありません。

メリット2:世間体が非常に良い

医者と言えば、社会的信用も高く世間的にも高学歴で高収入の職業だと知られています。医者と結婚したとなれば、家族や友人などに対しても鼻高々で自慢もしたくなることでしょう。

まあ確かにその気持ちもわかるのですが、結婚相手をまるで自分のステータスの一部のように扱うことはよろしくありません。ただ、そこまであからさまに自慢しなくても夫が医者ということだけで、羨望の目で見られたなんてことはあるみたいです。

メリット3:真面目で努力家の人が多い

正直申し上げますと、医者と結婚する明確なメリットは上記の2つくらいしか無いのですが、さらに言うのであれば医者の性格面でのメリットです。医者になるためには相当な勉強をして難関校を進んでいく必要があるため、小さい頃から勉強を必死にしてきた真面目で努力家の方が多い傾向にあります。

この勤勉な姿は特に子供を教育する時に大きな影響を与えます。自分の子供を英才教育していきたいと考えている方であれば、結婚相手がその最たるお手本となってくれますし、協力的にもなってくれることでしょう。

反対に「自由奔放に子供主導で」という考え方であれば、医者の方とのこれまでの育ち方からギャップが生まれてしまうかもしれません。

また、ここでの真面目とは、仕事や勉強に対しての真面目です。小さい頃から厳しい制約の中で育ってきたお医者さんは、その反動なのか不倫や体だけの関係など異性関係で羽目を外してしまうというケースも少なくありません。

医者と結婚するデメリット

このように高収入・ステータスなどで医者との結婚を考えている方が多いかもしれませんが、反対に医者と結婚するデメリットというのもしっかり理解しておく必要があります。

こちらではデメリットをご紹介しますので、少しでも不安があれば、医者に絞らず視野を広げて結婚相手を見つけていってもらえればと思います。

デメリット1:家族の時間があまり作れない

こちらも上で触れましたが、お医者さんは激務でなかなか家庭に帰ってこれないことが考えられます。「結婚後は一家団欒の円満家庭で」と、理想を掲げている方は医者との結婚もいったん慎重になってください。勤務形態にはよるでしょうが、毎日帰りは遅く土日も関係なく働くなんてことは日常茶飯事になり得ます。

勤務医であれば、転勤なども多く年単位で引越し・転勤が行われることもあり得ます。医者の方はなにより仕事が中心で動いていますので、家庭のことは後回しということも十分に考えられるのです。

医者と結婚しておいて、後から「子供のことも少しはかまってよ!」と、ならないようにあらかじめ理解した上で結婚しましょう。Yahoo!知恵袋にも参考になるような実体験がいくつかありました。

【参考】医者と結婚して後悔している人っていますか?|Yahoo!知恵袋

デメリット2:性格の不一致|主導権を握られがち

医者と結婚すれば、家計は相手頼りになると思いますし、お伝えの通り医者はプライドが高い人も多いです。結婚後相手に主導権を握られた状態になることも多いと考えられます。ゆえに性格面でのズレというものが出てくることも考えられます。

例えば、「医者と結婚して贅沢な暮らしをしたい」「子供を立派に育てたい」などと、自己主張が強い方であれば、結婚後に困る可能性大です。反対に「医者である旦那の助けになりたい」などサポートに徹するのであれば、上手くいく可能性も高くなると考えられます。

自分のために医者と結婚したいという思いが強い方は、一度考え方を見直して見ると良いかと思います。

デメリット3:教育方針のズレが生じるかもしれない

医者の方は幼い頃から両親の協力のもとに英才教育を受けてきた方が多いです。子供が生まれた時の教育方針のズレも考えておく必要があります。

上でもお伝えしましたが、「子供も親のような立派な職業に」と小さい頃からの英才教育を考えるのであれば、医者の方のこれまでの経験が大きな参考になりますし、協力も得られやすいでしょう。

しかし、「子供は自由に育てたい」と考えている方は注意が必要です。「小さい頃からこうすべきだ!」とあれこれ要求があるかもしれません。夫からだけならまだしも、親主導で育ってきた医師家庭では、相手両親が教育に口出しをしてくるなんてことも十分に考えられます

子供が生まれた後のことも十分に考えた上で結婚相手も選んでいった方が良いでしょう。

デメリット4:浮気されるリスクが高め

お医者さんはモテる職業でもありますので、浮気のリスクも高いと考えられます。特に医者は激務で帰りも遅く休みや勤務時間も不定期なことが多いですから、浮気しやすい環境が整っているとも言えます…。

仕事が忙しくてなかなか帰ってこないと思っていたら浮気されていたなんてことになってしまうかもしれません。全部が全部このようなことになるとはもちろん言いませんが、あなたは収入第一で医者を選んで相手は世間体のために結婚をして、結婚後も家で一緒にいる時間は少なくて愛もそんなにない…なんてことになってしまうと、何のために結婚したのかがよくわからなくなってしまう時がくるかもしれませんね。

【参考】医者が不倫しやすいって本当? | 浮気調査ナビ

医者と出会うための方法|結婚相談所がやっぱり現実的

ここまで医者と結婚することのデメリットを強めにご紹介しました。「収入やステータスだけで結婚相手を選んでしまうと残念なことも多いですよ」と伝えたかったのですが、「それでも医者と結婚したい」とお考えの方向けに、医者と出会うための方法をお伝えします。

結婚相談所が現実的

上記で医者が結婚相手と出会うケースについてご説明しましたね。

  • 同級生
  • 同じ職場
  • 患者
  • 知人の紹介
  • お見合い
  • 結婚相談所

とありましたが、まず同級生や同じ職場はあなたも医療の道に進んでいなければ難しい話ですね。患者・知人の紹介・お見合いは、運要素が強すぎます。知り合いに片っ端から「医者でフリーの人いない?」と聞いて回るのは少しやりすぎですし、医者と出会うために病院に通いまくるのも非現実的です。

よって、あなたが医療とは全く関係ない人生を送ってきたのであれば、結婚相談所などで医者と出会っていく方法が現実的です。

結婚相談所で医者を探すときの注意点

医者を偽っている人や遊び感覚の人もいるので注意

医者は人気の職業だということは男性側もわかっていますので、職業や収入を偽って参加している人もいます。収入証明があるハイクラス向けの結婚相談所や仲介型で信頼ができる結婚相談所を利用するようにしましょう。

また、格安の結婚相談所では、本物の医者でも、医者人気を良いことに遊び感覚で利用している人もいます。本気で結婚を求めている医者を見つけるなら、結婚相談所選びから真剣にする必要があります。

きちんとした所なら高額になりがちなので注意

ただし、仲介型やハイクラス向けなどのしっかりした結婚相談所は高額になってしまうということは理解しておく必要があります。成婚料まで含めると、数十万円はするものだと思っておいた方が良いでしょう。

ハイクラス向けの結婚相談所であれば、基本的に高収入の結婚相手を探している側に料金が多く発生する形になっています。

医者が本気で結婚したいと思っているのであれば、料金は惜しみなく出しているはずなので、結果的に高額の良い結婚相談所にしか真剣に結婚を考えている医者は存在しないということになります。

 
結婚相談所で結婚に真剣な医者を見つけるには、「大手」「ハイクラス向け」「仲介型」これらのキーワードを中心に結婚相談所を絞っていくと良いでしょう。医者限定ではありませんが、高収入の男性が多い結婚相談所をまとめましたので参考にしていただければと思います。

ハイクラスの結婚相談所

 

医者のハートを射止めるための自分磨き

最後に、結婚相談所などで医者の方と出会ったからと言っても、すぐに結ばれるというわけではありません。医者は人気の職業で引く手あまたです。あなた自身に魅力がなければ仮に医者と出会えたとしても、それ以上の発展は難しいかもしれません。

こちらでは、医者と出会った時に少しでも注目してもらうための自分磨きのポイントについてご紹介します。

女性としての自分磨き

医者の方は、世間一般な男性としてのスペック(職業・収入・学歴)が備わっています。その男性と結ばれたいのであれば、あなた自身も女性としてのスペックを高める必要があるでしょう。

容姿や風貌

異性からの人気が高い医者に限ったことではありませんが、男性が見た目で女性を選ぶことは十分にありえます。女性が「結婚相手は年収○○万円から」と考えていることと同じようなものです。

顔の好みは人それぞれですが、お肌や髪などのお手入れで魅力を高めていくことはできます。また、体系や身だしなみも意識して高めて行きたいところですね。

女性の美への追求は、医者との結婚に限らず色々な可能性を高めてくれますから、ぜひ日頃から気にかけていただければと思います。

マナーや立ち振る舞い

いくら見た目が良くてもマナーや立ち振る舞いがなっていなければ、それが大きなマイナスポイントです。特に医者の方は、それまでの育ってきた環境からより目に付くポイントかもしれません。

中には「ありのままの女性が良い」と考えている男性もいますが、すでに「医者と結婚したい」とこの記事を見ている時点で、ありのままを演じても打算的になってしまうので、それならばマナーや立ち振る舞いは高めておいて損はないでしょう。

サポート役に徹する考え方

そして、何よりも性格面がこれからの結婚生活を考えると重要になります。医者との結婚するデメリットでもお伝えしましたが、相手の収入ばかりを優先していると結婚後に何かしらの悩みが出てくる可能性も高いです。

医者との結婚するのであれば、基本的にはサポート役に徹した考え方になっていく方が良いでしょう。

となれば、自分を強くアピールするよりも、「あなたの助けになれる」と家事や育児などスキルや知識を高めたり、相手の自尊心を満たすようなコミュニケーションを意識してみると良いでしょう。

まとめ

医者との結婚は確かに高収入で魅力的ではありますが、その反面デメリットもあるということはおわかりいただけたでしょうか。

医療に関わったことがない方が医者と出会うためには、やはり結婚相談所の利用が現実的です。ただし、女性からの人気が高い医者がゴロゴロいるわけでもないので、結婚相談所選びから真剣になった方が良いでしょう。

ハイクラスの結婚相談所

また、結婚相手に何かを求めるのであれば、自分自身も高めておく必要がありますね。本記事の内容を参考に、医者とも結婚できるようなより魅力的な女性になっていっていただければと思います。

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.