バツイチ子持ちの再婚が難しい理由|お互いに後悔なく幸せになる方法

投稿日:2019年7月16日 更新日:

 
バツイチで子持ち。こんな自分は再婚は難しい…?

結論からお伝えすると、未婚女性やバツイチ子なしの女性と比べると、バツイチ子持ち女性の再婚はハードルが高いといえます。相手方の男性が独身であれば、なおのことです。

恋愛対象外というわけではないにしても、複雑そうな事情に対して、男性は一歩引いてしまいがち…。

当時6歳の娘を連れて、初婚の夫と再婚して3年目です。
夫が「○○○1人だったから良かったけど、2人だったら・・・できなかったかも」って言ってました。
子がいたら無理、3人でも大丈夫、男性もいろいろだと思います。
(引用:Yahoo!知恵袋

とはいえ、3組に1組の夫婦が離婚しているといわれている現代において、バツイチ子持ちは珍しいことではありませんし、昔と比べると離婚歴のある男女に対してネガティブなイメージもだいぶ薄れてきましたよね。

厚生労働省が発表した「婚姻に関する統計」(平成28年度)の「離婚をした者の再婚の状況」によれば、

  • 結婚した夫婦の4組に1組は再婚している
  • 離婚後5年以内に再婚する男性に至っては25%超である

これらのことがわかりました。バツイチ子持ちだからといって、再婚はできないと悲観することはないのです。

この記事では、下記についてご紹介します。

  • バツイチ子持ち女性の再婚は難しいといわれる理由
  • バツイチ子持ち女性が再婚をするメリット・デメリット
  • あなたとお相手が後悔なく幸せになれる方法
  • バツイチ子持ち女性におすすめの婚活方法

現在、バツイチで子持ちの自分は再婚すべきかどうか…と悩まれている方は、今後の選択のためにもぜひ参考にご覧ください。

\ 再婚を目指す方は要チェック! /

バツイチ再婚におすすめの結婚相談所ランキング

【はじめに】バツイチ子持ちであることをネガティブに考えないで!

冒頭でも述べたとおり、バツイチ&子持ちの女性が再婚するのは、未婚カップルの結婚と比べるとちょっぴり難しいです。

難しい理由については次項でも深く解説しますが、でも、決して「難しい」=「無理」と捉えないようにしてくださいね。バツイチ子持ちで再婚した夫婦、世の中にはいっぱいいるんですから。

筆者の職場にもバツイチ子持ちの女性と結婚した27歳の男性がいますが、毎日愛妻弁当を持ってきて、美味しそうに食べています。その男性に以前、喫煙所でこんなことをたずねてみました。

 
子供がいる女性と結婚して、その子供たちのパパになるということに、抵抗はありませんでしたか?

(喫煙所トークなのに、なんだかシビアな質問をしてしまったなと反省しています…)すると、男性はこう答えました。

 
決心するまでに時間はかかりました。でも、やっぱり一緒にいたいですから。今は、血のつながった本当の子供のように愛しています。

また、インターネット占い館『MIROR』が行った「バツイチ子持ちの女性と交際したいと思う?」というWEBアンケートでは、以下のような結果が出ています。

(参考:MIROR

「交際したいと思う」が約4割。高くはないにせよ、低すぎるわけでもないような気がしませんか?それに、”お互いにバツイチ子持ち”の場合は、結果もだいぶ変わってきそうですよね。

大切なのは、「私なんかバツイチで子供もいるし再婚は難しいだろうな…」なんてネガティブに決めつけないこと。そして、相手方にあなたの魅力をたくさん知ってもらうこと。

バツイチだろうが子持ちだろうが、誰かを好きになるということは理屈ではありません。好きになったら、一緒にいたいと思うし、結婚したいと思うもの。

それなら、すぐに再婚を諦めるのではなく、気持ちに正直になって、あなたとお相手、そして子供がみんな幸せになれる方法について考えた上で、結論を出してみませんか?

 

バツイチ子持ちの再婚が難しいといわれる理由|相手の男性はどう感じている?

内閣府のデータから、昨今は婚姻率が低下気味であることがわかります。つまり、今は若い男女でさえ結婚が難しい時代だといっても過言ではないでしょう。

ここでは、なぜバツイチ子持ちの再婚は難しいのか?その主な理由を一つひとつ解説しますが、くれぐれも「バツイチ子持ちだから再婚が難しい」わけではなく、”各年代において結婚が難しい理由がそれぞれある”ということを念頭に置いてお読みくださいね。

結婚観が違うと感じるから

結婚は、相手の過去も現在も未来も背負い人生を共にするという覚悟の証明であり、第二の人生のスタートでもあります。『ここからお互いにスタートして、築き上げていくのだ』という気概を持つ方が大半でしょう。

しかし、相手に子供がいるというだけで、「なんとなくお互いのスタート地点が違うような気がしてならない…」と感じる方もいるようです。

金銭的に不安を感じるから

男性からしてみると、奥さんのことはもちろん、子供のことも養っていくわけですから、単純に金銭的な面がネックに感じる方もいるでしょう。

子供が小さいうちはまだいいかもしれませんが、成長するにつれて学費・養育費などがどんどんかかります。結婚後にお互いの間に子供が欲しいと考えている場合は、ゆくゆくはその子供も養っていかなければなりません。結婚には、経済的な余裕が必要不可欠です。

世間体が悪いと感じるから

子持ちの相手と結婚することを周囲の人間に伝えた場合に「よく思われないのではないか」と考えてしまう男性もいます。特に、自分の家族や親戚などからの目は気になるようです。

 

バツイチ子持ち女性が再婚するメリット・デメリット

ここでは、バツイチ子持ち女性が再婚をするメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

1:経済的に安定する

「子供のために働いてはいるけれど、生活が苦しい…」というシングルマザーの方は多いのではないでしょうか。再婚をして稼ぎ手が増え、それに伴い収入も増えることによって、必然的に再婚前よりは贅沢ができるようになるでしょう。

2:子供がさみしい思いをしなくて済む

夫に稼ぎ手を担ってもらい、自分が家事と育児を行うようにすれば、子供が家で一人さみしい思いをしなくて済みます。家族で過ごす時間を大切にすることは、幼い子供にとっては特に有益なのではないでしょうか。

3:愛する人と共に過ごす幸せを感じられる

愛する人と籍を入れて一緒に過ごすようになれば、再婚前よりも愛を感じられ、心穏やかに過ごせるようになります。シンプルですが、愛する人との家族の絆を感じられる幸せ…これは何よりも大きいメリットでしょう。

デメリット

1:子供がストレスに感じることがある

小学生~中学生くらいの子供の場合、家庭環境の変化によってストレスを感じてしまうことがあります。再婚に伴い住まいや学校が変わる場合は特に、困惑させてしまわないためにも予めきちんとした事情説明が必要です。

2:相手の家族や親戚との付き合い方が難しく感じる

再婚後は相手方の家族や親戚とも上手に付き合っていかなくてはなりませんが、「バツイチだから」という偏見を持たれている状態だと、何かと衝突することがあるかもしれません。

3:面倒な手続きがある

子供がいる状態で結婚する場合は、苗字の変更や養子縁組手続きなど、未婚カップルにはない手続きが必要になります。先走って入籍してしまうと、その後の手続きの面倒さに疲れてしまい、それが原因で早くも関係が悪化してしまうなんて可能性も…。

 

あなたとお相手と子供が幸せになるための方法

「私とこの先どうなりたいと思ってる?」…本人に尋ねたくても勇気がいりますし、いきなり尋ねられた側も困惑してしまうかもしれません。まずは、あなたが自分自身の気持ちと向き合い、子供の気持ちと向き合い、何がお互いにとっての幸せなのかを考える必要があります

おそらくは、「できれば再婚して幸せになりたい」と考えている方が大半でしょう。その気持ちをぜひ、大切にしてください。ここではそんな方向けに、「幸せになるための方法」と題していくつかポイントをご紹介します。

再婚をポジティブに考える

離婚・再婚が珍しくない世の中になってきたとはいえ、まだ多くの方がネガティブなイメージを抱きがちです。あなたも、「子供がいるのに再婚なんて…」なんて迷いを抱えているからこそ、このページに辿り着いたのでしょう。

離婚も経験と、ぜひポジティブに考えてみてくださいね。あなたは人よりも経験値が高く、それでいて、子供想いで素敵な人格の持ち主なのです人生のリスタートをして、今よりももっと幸せになったっていいはずですよ。

子供第一で考える・考えてもらう

お腹を痛めて産んだ我が子の気持ちを、第一に考えてあげてください。また、相手の男性にも子供第一で考えてもらうようにしましょう。あなたの子供が幸せであること、それがあなたの幸せでもあるからです

上で述べたように、子供は環境の変化によって大人が思う以上にストレスを感じることがあります。そのストレスがその後の人格形成に悪く作用するケースも考えられます。

あなたが再婚したい相手は、あなたのことはもちろん、子供のことも愛してくれますか?

元夫の話を持ち出さない

再婚をする流れで話がまとまったら、再婚相手から元夫の話を切り出されない限りは、自分から話をしないようにしましょう。

浮気・ギャンブル・セックスレス…元夫との離婚原因は何で、あなたの心にどのようなトラウマを植え付けたにせよ、再婚相手と一緒になると決めたのであれば、過去を引きずるべきではありません。また、間違っても元夫と再婚相手を比較するようなことがあってはいけません。

再婚相手は、あなたの複雑な事情を受け入れた上で、「あなたと幸せになりたい」と再婚を決意したのです。そんな再婚相手に対し、「なぜ、元夫の話を俺にする必要があるのか」「元夫に劣っている部分があるのか」「もしかしたらヨリを戻したいと考えているのか」など、少しでも疑念を抱かせてしまうような行為は不毛といえるでしょう。

相手に求めすぎない

「もう二度と結婚生活での失敗はしたくない」という思いから、どうしても、再婚後の生活や再婚相手に対する理想が高くなりがち。でも、伝え方を間違えると、再婚相手が重く考えてしまう可能性があります

それがきっかけで、あなたとの時間が「楽しくない」と感じてしまうことも…。これはバツイチに限らずどのような男女付き合いに関してもいえることですが、多くを求めすぎず、思いやりのある言動・行動をするように心がけるようにしましょう。

 

バツイチ子持ちでも再婚できる!おすすめの婚活方法

最後に、再婚はしたいけれど、どのように再婚相手を探したらいいのかわからないという方向けに、おすすめの婚活方法についてご紹介します。

1:マッチングアプリ|おすすめ度★★★★★

出会いを求める男女がマッチングすることができるスマホアプリ。その手軽さと高確率で出会えることがウケて、ここ数年で老若男女問わず流行中です。

大手マッチングアプリには10万人以上もの男女が登録しているともいわれているので、驚きですよね。

Facebook認証アリのマッチングアプリなら、サクラがいる心配もまずないでしょう。不安な方は試しに無料の範囲でのぞき見してみるのがいいかもしれません。

(引用:タップル

マッチングアプリの費用相場
無料~課金制・月額制と様々。メール50円/通のものや、女性は完全無料のものも。

 

婚活アプリのイメージ画像

婚活アプリランキング

2:婚活イベント|おすすめ度★★★★☆

都内近郊ではもちろん、今や地方でも婚活イベントが行われています。その名のとおり婚活をするためのイベントで「婚活パーティー」「街コン」などと呼ばれることもあり、会場はホテルの大広間や居酒屋など様々です。

参加者は真剣に結婚を考えている人が前提で、「結婚相談所は何となく堅苦しい、気軽に多くの異性との出会いを楽しみたい」と考えている方が比較的多いです。35歳以上の男女に限定した婚活イベントや、バツイチ限定の婚活イベントもあります。

【関連記事】婚活パーティーに参加した際の流れと自分をアピールする方法

婚活イベントの費用相場
5,000円~1万円とイベントの規模によって様々。女性は会費が無料の場合も。

3:結婚相談所|おすすめ度★★★★☆

マッチングアプリや婚活イベントは手軽ですが、信頼性の高さでいえばやはり結婚相談所ではないでしょうか。結婚支援のプロが企画、サポートしてくれるので安心ですし、自分で地道に出会いを探すよりも早くに相手を見つけられるという特徴もあります。

入会金(登録料)・月額料金・お見合い料金、成婚報酬が発生するシステムが大半なので、お金がかかるのがデメリットかもしれません。

結婚相談所の費用相場
入会金3万円~10万円、月額料金1万円~3万円、お見合い料金1万円~、成婚報酬10万円前後と結婚相談所によって様々。

バツイチの方向け 結婚相談所ランキング

 

まとめ

バツイチ子持ちの場合、確かに一般的な結婚と比べると再婚は難しいです。でも、だからといって愛する人との再婚を諦める必要はありません。

あなたはどうしたいのか、子供のためにはどうしたらいいのか、これらを踏まえて再婚相手と誠実に向き合い、新たな第一歩を踏み出してください。

この記事を読んでいるあなたが愛する人と再婚をして幸せになれることを心より祈っていますが、誤解のないように補足しますと、再婚しないという選択が不幸せになるわけではありません

結婚情報誌『ゼクシィ』のCMで、「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」というキャッチコピーが多くの女性の共感を生み話題となりましたが、結婚する良さもあれば、結婚しない良さもあります。

繰り返しになりますが、大切なのは、今後あなたと子供がどう生きれば今よりも幸せになれるのかを真っ向から、ポジティブに考えること。そして、お相手の男性と共に最良の決断を下すことです。

「再婚はしたいけれど、今はいい相手がいない…」という方は、この記事でご紹介したマッチングアプリ・婚活イベント・結婚相談所などを活用して、じっくり相手を見極めていきましょうね。

\ 再婚を目指す方は要チェック! /

バツイチ再婚におすすめの結婚相談所ランキング

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.