婚約指輪と結婚指輪の違いって?それぞれの意味と役割について解説

投稿日:

婚約指輪結婚指輪、名前が似ているため混同してしまう人もいるでしょう。しかし、それぞれの意味合いはまったく異なります。この記事では、それぞれの違いや意味合いから人気のデザインや相場までまるっとご紹介。これから結婚を考えているという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪、どちらも結婚に際して準備するものですが、それぞれの役割は異なります。ここでは、婚約指輪と結婚指輪の違いを紹介します。

婚約指輪

引用:GINZA DIAMOND SHIRAISHI

婚約指輪は、婚約の証として男性から女性に贈る指輪です。彼女は「結婚を約束した相手がいる証」として、結婚までの期間左手の薬指につけるのが一般的。多くの女性にとって、婚約指輪は憧れの指輪と言っても過言ではありません。

プロポーズ後に2人で選ぶカップルも多い

プロポーズの際に婚約指輪を用意するのが一般的と思われがちですが、プロポーズ後に2人で選ぶカップルも実は多いのです。婚約指輪は一生モノですので、できるだけ彼女に似合う指輪にしたいですよね。サプライズもいいですが、彼女に似合うデザイン、好みのデザインを贈りたいという人は、一緒に選びに行くのもいいでしょう。

結婚指輪

引用:GINZA DIAMOND SHIRAISHI

結婚指輪は、夫婦である証のペアの指輪。婚約指輪は男性から女性に贈る一方で、結婚指輪はお互いに交換するもので、結婚式で交換するのはこの結婚指輪です。「自分は結婚している」ということを周囲にアピールする目的もあります。劣化しにくい金やプラチナでできたシンプルなデザインが一般的です。

婚約指輪とセットのリングも人気

引用:GINZA DIAMOND SHIRAISHI

婚約期間につけるのが婚約指輪、結婚後につけるのが結婚指輪ですが、婚約指輪もいつでもつけていたいと、結婚指輪と婚約指輪の重ねづけする女性も多くいます。最近は、重ねづけできるデザインのセットリングも豊富で人気が高いです。

セットで売っているわけではなく、セットのデザインではありながら、別々で購入することもできます。婚約指輪をサプライズで渡す場合でも、彼女が重ねづけをすることも想定してセットの結婚指輪があるデザインを選んでおくのもよいでしょう。

婚約指輪と結婚指輪のデザイン

婚約指輪と結婚指輪がそれぞれ意味合いが違うため、デザインも異なります。

婚約指輪は宝石のついた輝かしいデザイン

引用:GINZA DIAMOND SHIRAISHI

宝石は硬度が高く「永遠の絆」を意味するダイヤモンドがよく選ばれます。定番なデザインは大きな宝石を爪で固定したソリティアリングですが、普段遣いしにくいとして最近では敬遠されることもあります。

人気のデザインは低めの爪で留められたセンターの宝石のサイドに小さな宝石をあしらったデザイン。そのほか全体に宝石をあしらったインフィニティリングなどもあります。

結婚指輪は普段遣いしやすいシンプルなデザイン

引用:GINZA DIAMOND SHIRAISHI

結婚指輪は、結婚後日常的につけることを想定して、普段遣いしやすい、劣化しにくいプラチナや金が使われたシンプルなデザインが一般的。宝石を付ける場合は、小さなダイヤモンドや誕生石をあしらったものが人気です。

関連記事
結婚指輪を【誕生石アレンジ】したい方向け|石言葉とアレンジ方法

誕生石は1〜12月のそれぞれにあり、自身の生まれ月の宝石を身につけることで幸せが訪れると言われています。夫婦の未来が幸せであることを願い、結婚指輪に埋め込む人もいるそうですよ。 この記事では、各生まれ ...

婚約指輪と結婚指輪それぞれの平均購入額

ここでは、婚約指輪と結婚指輪の平均購入額を紹介します。

婚約指輪の平均購入額は41.9万円

首都圏で行われた調査では、婚約指輪の平均は41.9万円という結果が出ました。「給料3ヶ月分」という言葉をよく聞きますが、実際のところ1.5ヶ月分程度が相場でしょう。また、年齢ごとの平均額が下記のような結果となっています。

年齢 平均額
24歳以下 26.1万円
25~29歳 42.2万円
30~34歳 43.2万円
35歳以上 46.4万円

参考:ゼクシイ結婚トレンド調査

この調査では、かなり高価なものも含まれるため、平均額が効果になりがちですが、実際のところは20万円代が一般的なようです。

結婚指輪の平均購入額は25.4万円

結婚指輪は2人でペアのものをかいます。首都圏で行われた調査では、結婚指輪の平均は2人分で25.4万円という結果が出ました。婚約指輪よりはだいぶ価格が低いことがわかります。宝石などはつけず、シンプルなデザインのため、婚約指輪ほどは高価になりません。

年齢 平均額
24歳以下 22万円
25~29歳 25.2万円
30~34歳 26.2万円
35歳以上 27.1万円

参考:ゼクシイ結婚トレンド調査

婚約指輪と同様、この調査では、かなり高価なものも含まれるため、平均額が効果になりがちです。実際のところは20万円前後のカップルが一般的なようです。

婚約指輪を買わないカップルも…

婚約指輪は必ず必要なわけでなありません。女性にとって憧れのものですが、一方で普段つけることのない指輪ではなく、その分贅沢な新婚旅行に行きたい、結婚式を豪華にしたいと考える女性もいます。ただし、彼女が本当は欲しがっているにもかかわらず購入しないとなると、がっかりさせてしまう可能性もあります。

また、婚約指輪を贈ったカップルの方が離婚率が低いという結果も…。彼女の意向も考えて、購入を検討すると良いでしょう。

まとめ

婚約指輪と結婚指輪には大きな違いがあることが分かりました。以下にそれぞれの違いをまとめましたので参考にしてください。

婚約指輪 結婚指輪
意味・目的 婚約の証 結婚の証
つける時期 婚約期間(結婚後もつける場合もある) 結婚後
デザイン 宝石のついた輝かしいデザイン 普段遣いしやすいシンプルなデザイン
相場 41.9万円(一般的には20万円前後) 2人分で25.4万円(一般的には20万円前後)

違いはあれど、婚約指輪も結婚指輪も2人が愛を誓う証です。どちらも一生モノですので、素敵なものを選びたいですね。

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.