「Misyu(ミシュー)」は、婚活や結婚などの情報を配信する
恋愛に関する総合情報サイトです。

男女で結婚したい年齢が違うのはなぜ?お互いの価値観をすり合わせるコツ

彼がなかなか結婚を考えてくれない…と悩む女性は多いですよね。それは、男女で結婚願望を抱く年齢が大きく異なることが大きな要因となっています。そこで、結婚したい年齢に男女差が生まれる理由を科学的に解説します。

この記事は私が書きました

神崎なつめ

自身でも熟年婚活女子に取材を行い、メディアを運用しているプロライター。そこで得たノウハウを元に、若い婚活女子・35歳の壁を突破したい女子向けに記事を執筆。TV局や出版社への在籍経験あり。情報検索技術者、教職免許状一種(中高・国語/高校・書道)、司書教諭、司書、NEALリーダーなどの資格を所有。
【Twitter】https://twitter.com/kanzaki_writer
【ブログ】プロライター神崎なつめの雑記ブログ

無料体験もできる電話占い!▼

電話占いランキング

【総合】電話占いランキング

男女で結婚したい年齢は違う!その理由とは…

女性は20代で結婚願望を抱く人が多い一方で、男性は30代であると言われています。そのため、女性側が、彼が結婚の意思を示してくれずにやきもきしてしまうことが多いのではないでしょうか。

その理由は、科学的な観点からも考えることができます。そこで、男女で結婚したい年齢がずれてしまう理由を解説します。

(1)結婚することの代償は男性の方が重いから

なぜ結婚するのかという研究は、男性側はよく議論されるものの、女性については注目を浴びていません。なぜなら、オスは多くのメスと交配すればするほど多くの子孫を作ることができるものの、メスは持っている卵を受精させるために1匹のオスの精子があれば十分だからです。

たくさんのオスと交配したところで子供が増えるわけではないため、相手を1人に限定しても損をしないどころか、男性からの献身が得られることで得をすると考えられています。

一方、オスには多く子孫を残すこと、より良い子孫を残すことが役割として組まれていると考えられているため、結婚することで一人のメスと結婚すると、他のメスと交配する機会を失います。これは本能的に言えば大きな損失であるため、そもそも“結婚をする”という選択の重さが男女違うと考えられます。

(2)男性と女性の役割によるすれ違いがあるから

女性は外的から守ってもらい、安心できる環境で確実に子どもを育てていきたい本能があります。そのため、浮気においても男性と違い、“体”よりも“心”の浮気を許さない傾向にあるのです。

近年は外敵に襲われる危険というのがほとんどなくなりましたが、その代わりに今の時代に子どもを守るための安定した環境要因として、男性の経済力が求められます。だから、女性はお金持ち男性に惹かれる人が多いと言われているわけです。

一方で、男性は本能的に肉体的に魅力的な人に惹かれます。それは大きな胸であったり、大きなお尻であったり、あるいは健康的な体つきであったりと、妊娠・出産しても健康的で優秀な子どもを作ることのできる女性を無意識に選び取ろうとしているからです。従って、どうしても妊娠率の高い女性に惹かれてしまいます。

女性は子どもを最も安心して産むことができる20代に、自分の身を守ってくれる保証のある男性を求め結婚を望みますが、男性は社会的地位や経済力を獲得し、女性を守るだけの力を経て結婚したいと思ったときに、若くて妊娠しやすい女性を望む傾向にあるのです。

参考文献

麻生一枝(2010)『科学でわかる男と女の心と脳』サイエンス・アイ新書

年齢のズレをどうやってうまくすり合わせる?結婚がうまくいった経験者からのアドバイス

結婚する上での心配として女性は子どものこと、男性は経済的なことが挙げられるでしょう。結婚願望を持つ年齢が男女で合わず、お互いに納得した状態での結婚が難しいのであれば、どう擦り合わせていけば良いのでしょうか。経験者にアドバイスを伺いました。

年上の男性・年下の女性と結婚する

25才女性

私は独身でとにかく早く結婚したかったので、23歳で婚活を始めました。周りからは『早い』だなんだと好き放題に言われましたね。ですが、30歳の良い男性にめぐり合うことができました。正直にいうと、婚活で出会える男性の中ではかなりハイスペックだと思います……。婚活前に調べたところ、10歳以上の年の差は、介護問題や価値観の違いなどを埋めるのは難しいと言われることが多いようですが……。年上でも素敵な男性であることに変わりはないので、結構願望が強いなら初めから年上の男性としか交際しない、年上の男性を目当てに婚活すると決めてしまっても良いと思います。

そもそも、女性が年上の男性に惹かれやすいのは、子育てにおいて安心した環境を提供してくれる経済力などが年上男性に備わっているためだと考えられています。

また、20代での婚活は早いと世間的によく言われていますが、男性が若い女性を好む傾向にあることから、実は20代前半〜半ばの女性は、家庭的であったり経済力があったりする優れた男性とマッチングしやすいと言われています。

育児までを見通した人生計画を立てる

30才女性

私は子どものことが不安だったので、彼にしっかり話をしましたよ。付き合って長いとか、結婚を前提としたお付き合いだと“たられば”をすることって多いんじゃないですか。私はそれに乗っかって、“たられば人生計画”をして見たんです。そしたら、私と彼の置かれている立場を考慮すると、いつ出産するのがいいか、ならすぐに子どもができるわけじゃないからいつまで結婚したほうがいいか、っていうのが見えてくるんです。私もいつっていうのがはっきりしたら焦りや不安がなくなりましたし、彼も『じゃあ28までには結婚できるようになんとかするね』って、準備の方の計画もしてくれました。それでしっかり結婚に至れましたね。

20代後半であれば、出産リスクは低く、なおかつ男性も昇格する頃合であることから、折り合いがつくことが多いです。20代で結婚したい女性と、30代で結婚したい男性とで折り合いをつけるのであれば、間を取ることも視野に入れましょう。また、男性に伺ったところ、計画的な結婚であれば男性も抵抗なく結婚することが多いようです。

経済力な不安を取り除く

26才女性

私の場合、彼と子どもを養えるくらいの収入があったので、問題なく23歳だった年下の彼と結婚できました。彼はあまり仕事に対してプライドを抱いているタイプではなく、どちらかというと家事などをこなす方が得意だったんです。だから、私から『結婚して家庭に入るつもりはない?』って聞いちゃいました。男友達とかと話していても、男性が結婚できない大きな理由って、お金の問題なんですよね。結婚することでかかる莫大なお金が用意できないとか、養えるだけの自信がないとか。そこをフォローできるなら、結婚してもいいと思う男性も割といると思います。

プライドを持って仕事をしているタイプの場合に、女性の方が高収入だと、プライドが傷つき嫉妬心を抱いてしまうことが多いです。そのため、彼らには自分の収入による安心感を伝えるのではなく、彼を“仕事ができる男”に育てるようにアプローチしましょう。

子育て経験のある女性によれば、男性の育て方は主に叱って伸びるタイプと褒めて伸びるタイプの2パターンに分かれ、さながら育児のようであるとか。

まとめ

独身から抜け出したい、早く家庭が欲しい、出産が不安など、様々な条件によって男性が結婚を望む頃まで待てない女性もいますよね。そんなときは、ハードルを下げるためのアプローチをしてみましょう。

 

無料体験もできる電話占い!▼

電話占いランキング

【総合】電話占いランキング

-結婚願望

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.