意中の彼を科学的に落とせ!脳で落として惚れ込ませる恋愛テク

投稿日:

恋愛テクの多くは場数を踏む必要があったり、結局のところ相手次第であったりしますよね。ですが、科学的に惚れ込ませるテクニックであれば、短期間で的確に相手に使うことができると思いませんか?

この記事では、脳科学や心理学などで言われている、男女が惹かれ合うメカニズムに基づき、科学的に意中の彼を落とす方法をご紹介します。

この記事は私が書きました

神崎なつめ

自身でも熟年婚活女子に取材を行い、メディアを運用しているプロライター。そこで得たノウハウを元に、若い婚活女子・35歳の壁を突破したい女子向けに記事を執筆。TV局や出版社への在籍経験あり。情報検索技術者、教職免許状一種(中高・国語/高校・書道)、司書教諭、司書、NEALリーダーなどの資格を所有。
【Twitter】https://twitter.com/kanzaki_writer
【ブログ】プロライター神崎なつめの雑記ブログ

無料体験もできる電話占い!▼

電話占いランキング

【総合】電話占いランキング

恋に落とすのにもロジックがある|科学に基づいた恋愛テク

恋愛テクというと、「百戦錬磨の人が培ってきた経験」というイメージがありますよね。ですが、中には科学に基づいて、脳が好感を持ったり恋に落ちたりするように仕向けるテクニックも存在します。ここでは、ロジカルに相手を落とす方法を紹介します。

(1)揺れるアイテムを身につける

男性には狩猟本能が存在します。それを刺激するのが揺れるアイテム。よく猫がねこじゃらしや飛ぶ虫に反応しているのを見かけませんか?

それと同じ状況が起こり、男性は「追いかけたい」と思うわけです。揺れるアイテムならキーホルダーなども有効ですが、できれば自分が身につけられるもので攻めたいところ。華奢なピアスなどは取り入れやすいですよね。

(2)ちょっとふくよかな体型作りや若作り

男性は本能的に健康的でより多くの子孫を残そうとします。そのため、男性が大きな胸を持つ女性を見てしまうのは仕方ないことですが、なかなかバストアップは難しいのが現状。であれば、安全に子どもを産める体だと認識される別の要素である「ちょっとぽっちゃりするくらいの体型」を維持するのも選択です。

同様の理由で若さを作り出すのもアプローチの1つ。今時なファッションなどを着るとどうしても若作り感が否めないため、スキンケアやジムに力を入れるなど、肌から若さを作り出すのがオススメですよ。

(3)じっと見つめる

好きな人を見つめると、瞳孔が開くというのはご存知でしょうか。相手が自分に惚れているかどうかチェックするのにも有効ですよね。

実は、見つめ合うことで相手はその好意を無意識に感じ取ることが言われています。好意を持ってくれる相手を嫌いになる人は少なく、また、好意を持ちやすいことが言われているため、好きな人を見つめることで恋に落としてしまいましょう。最低でも、5秒は見つめ合う状態を維持すると良いと言われています。

(4)ポジティブ発言を心がける

楽しい話題というのは、脳に快感情を生み出すものですよね。実は、脳科学において、会話に対して快を感じるだけでなく、一緒に話した相手にまで快を感じさせることが言われています。

つまり、相手が自分に好意を持ってくれやすくなるというわけです。さらに、心理学で言われている「ウィンザー効果」を使って、好きな人がいないところで褒めると、より強く好感を持たせることができます。

男が本気で惚れ込む女性の特徴を科学と実体験から解説

男性を落とすだけでなく、惚れ込ませるための科学的なテクニックというのも存在します。ここでは、付き合った後も使えるものをご紹介します。

(1)挫折したときに寄り添ってくれた相手

29才男性

僕は就職せずに企業をしたので、いわゆる若手社長だったのですが、途中で経営に失敗して倒産してしまいました。かなり経済的に苦しみ、今までのような贅沢ができなくなったし、彼女とデートをする余裕もなくなってしまいました。正直、かなりマズイ状況だったので、彼女に逃げられると思っていたし、それを止める権利はないと思っていました。でも、ずっと精神的に支えてくれたので、“この人と運命を共にしよう”と思えましたね。多少の困難は乗り越えていけるという安心感がありました。

脳科学において、女性は愛を“量”で測るのに対して、男性は“質”で測る傾向にあることが言われています。つまり、女性的考えであれば「ずっと一緒にいてくれる」ことで愛を感じやすいですが、男性は「一緒にいる時間でいかに濃い時間を過ごすか」に重きを置きやすいということです。

このことから、男性は、挫折を経験した時に一緒にいた女性と結婚することが多いです。タイミング次第なところもありますが、「大きな愛を示す」ということは、いかなる状況においても可能でしょう。

(2)簡単に手に入らない相手

24才男性

彼女と出会ったのは19歳のときで、今もまだ24歳ですが、本気で結婚を考えて準備をしています。いつも趣味優先で、“月1回くらいリフレッシュで女の子とデートできればいいや”と思っていたので、こんなにのめり込む恋愛をしたのは初めてですね。なんか、価値観が合うとかももちろんあるけれど、彼女の両親が毒親で、付き合って1ヶ月で“両親が起こっているから交際の挨拶してもらいない?”って言われるような波乱万丈な交際だったんですよ。そういうのを乗り越えて絆が深まって、なんか“俺しか彼女を守れないんじゃない?”と感じてしまいました。

狩猟時代(狩猟脳)に通ずるものとして、男性は苦労して手に入れた相手を大切にする傾向にあることが言われています。それは、手に届きそうにない獲物(女性)を手に入れたいという思いや、価値の高い獲物を手に入れたいという思いによるものだと考えられています。

そのため、例え好き同士であっても、完全に手に入れるのに時間をかけさせた方が、男性は執着しやすいということです。ちなみに、脳科学的に男性が完全に手に入れたと思うのは、体を許したタイミングであることが言われています。なんでも彼に合わせてしまうのではなく、ときには自分の意思を示せると良いですね。

(3)共通項が多い相手

21才男性

今の彼女と出会ったのは、共通の友達の紹介でした。会話をしないのも気まずいから、その子と話をしてみると、共通の趣味がたくさんありました。だから、帰りにはラインを交換して、プライベートで会うようになりました。考えや価値観が近かったので、付き合うのは時間の問題でしたね。正直、これまでの僕は遊びたがりでしたけれど、彼女と出会ったのは運命だと本気で信じていて、これからもずっと彼女一人を大切にしたいと思っています。

有名な心理学テクニックで相手と同じ行動をとることで無意識に親近感を覚えさせる「ミラーリング」があります。このように、共通点というのは親近感と深く関わっています。

医学においても、自分と同じ考えを持っている人には好感を抱きやすく、自分の考えを理解し、裏付けてもらえると快楽と関係するドーパミンが分泌されることが言われています。つまり、「あっ、それ今私も考えてたの」「会話被っちゃったね」というように、思考が被ったことを伝えると、運命的だと思わせることができるのです。

まとめ

根拠に基づいて相手にモテテクを使うのなら、できそうだと感じる人もいるのではないでしょうか。好きな人や結婚したい人を落とすことができたらいいですね。

 

無料体験もできる電話占い!▼

電話占いランキング

【総合】電話占いランキング

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.