デート中の会話はテクではなく心構え!質問力で沈黙を回避

投稿日:2019年7月24日 更新日:

この記事を見ているあなたは、『デートでどんな会話をしたらいいのかわからない』『沈黙が怖い』なんて考えているのではありませんか?

ネット上は小手先の会話テクニックの情報であふれています。でも僕は違和感を感じます。

大切なのは小手先のテクニックではなく、『等身大の自分でデートできるようになること』ではないでしょうか。

そもそも会話が好きではない人は無理に話さなくていいし、会話があまり必要でないデートをすることも出来るのです。

とはいえ、そうも言ってられない人も多いと思うので、この記事では以下のことを紹介します。

  • デートの会話で困ってしまうあなたが改めるべき心構え
  • テクニック不要で相手との心の距離をぐんぐん縮める方法
  • それでも不安な方のために教えたい「質問力」の話
  • 男女別『NGな会話集』

心構えや考え方を変えれば、『会話が続かなくなったらどうしよう…』とは思わなくなるはずです!

この記事は僕が書きました

Misyu編集部 石狩

編集部唯一のバンドマン。トンカツ無料のチケットを集めている。

目次

デートの会話に困るあなたがまず気付くべきこと

まず、あなた自身がデートを楽しみ、相手にも自然体でいてもらうことが一番大切です。

デート中の会話内容や、沈黙を恐れる前に、心構えを改めましょう。

普段よりいい自分を見せようとしすぎないこと

デートの会話で困ってしまう理由の一つに、「普段よりいい自分を見せようとしている」ことが挙げられます。

その気持ちはもちろんわかります。ですが、普段よりいい自分を気に入ってもらえたところで、いつかはメッキがはがれてしまいますよね。

そして、相手に気を使い過ぎると、それを察知して相手もあなたに気をつかうようになります

お互いに疲れるだけなので、良い意味で力を抜いて自分のダメな部分も見てもらうくらいの気持ちでいましょう

その方が相手も親しみやすいのです。

自分から心を開かないと相手からも開いてもらえないこと

身の回りのコミュ力が高い人を思い浮かべてみましょう。友達や上司など、出会ってすぐに誰とでも気さくにしゃべれる人っていますよね。

彼らの共通点は、『まず自分の方から心を開いている』ことです。自分か相手、どちらかが先に心を開かなければ、フランクな関係にはなれないのです。

相手に親近感を抱いてもらう方法は後述しますので、ここでは『先に心を開くことが重要』だと覚えておきましょう。

編集部 石狩
僕は過去に、集合場所に向かう途中で犬を助けた話(本当)をおもしろおかしく話して笑いをとったことがあります。

小手先のテクニックはあなたを苦しめるだけ

インターネット上にはデート中の会話のテクニックが無数に公開されていますよね。もちろん、使えるに越したことはありません。

ですが、デート中の会話が苦手なあなたにとっては、これらは緊張の元となるだけです。気にしない方がきっといい方向に転ぶと思います。

本当に大切なのは小手先の会話テクではなく、もっと根本的なところにあります

相手がどんな人なのか見抜く力』や、『相手の発言をちゃんと聞き、相手が求めている発言を返してあげる力』などです。

これらは経験や慣れから得られるものなので、すぐに手に入るものではありません。

それであれば、等身大のあなたでいましょう。その方が結果としていい会話ができると思います。

編集部 石狩
等身大の自分でいながらも、『着実に相手との距離を縮める方法』もあります。この先で紹介するので、読み進めてくださいね!

沈黙が怖いなら、会話がいらないデートをすること

そもそもあまりしゃべらないタイプの人もいますよね。

そういう人にとって、お散歩デートや食事デートは敷居が高く感じられるかもしれません。

であれば、会話がいらないデートを提案してみましょう。

  • 映画館
  • ライブやコンサート
  • 動物園、水族館
  • 美術館
  • 競馬
  • ボーリングやダーツ

『そもそもあまりしゃべってはいけない空間』や『二人で一つのものを見る・体験するデート』は会話がなくても楽しめます。

映画デートは会話がまったくいらない上に、見終わったあとは感想を言い合うことで会話がはずみます。

「見終わったらどうするの?」と思う人もいるかもしれませんね。

あまり会話がなくても、2時間くらい隣にいたならお互いに慣れてくるので安心してください。

編集部 石狩
美術館デートは、「これすごいね」「うーん」程度の会話しか必要なかったのでおすすめです(実体験)

無理することなく、自然体のまま心の距離を縮める方法

先ほど、『小手先のテクは必要ない』と言いましたが、心がけておくだけで距離が縮まる方法があります。

『相手を落とす』『会話をつなぐ』方法というよりは、『より早く友達になって、気を遣わず会話ができる間柄になる方法』ともいえます。

テクニックというほど難しいものではないし、言われてみれば納得するものばかりですので、実践してみてください。

①相手のことをきちんと名前で呼ぶ

相手の名前をきちんと聞き、自分の名前もきちんと伝えること。これは出会ったらすぐに行ってください。

マッチングアプリなどで事前に名前を知っていたとしても、改めて名乗り、相手の名前を聞いてください。

そして、相手の名前を聞いたら、その名前できちんと呼ぶようにしてください。

 
休みの日ってさ、何してるの?
うーん、私は友達と飲みにいったりすることが多いかな。逆に何してる?
 

お互いに名前を呼ばないと、いつまでもよそよそしい会話が続きます。

試しに名前を呼んでみます。

編集部 石狩
○○ちゃんは、休みの日ってなにしてるの?
うーん、私は友達と飲みにいったりすることが多いかな。石狩くんは何してるの?
 

僕の経験上、コミュ力が高い人は高い確率で、出会った瞬間に名前を聞いてきます。

相手を名前で呼ぶ、簡単かつ効果絶大なので是非やってみてください。

②無理にしゃべろうとしない

無理に盛り上げたり、会話をつなごうとしたりしなくて大丈夫です。

女性にありがちですが、まくしたてるように話してしまうと、男性も同じようなテンションで応じなければいけないと感じ、無理をさせることになります。

出会った瞬間にそれをやってしまうと、ずっとそのテンションが続くことになり、『ただただ疲れるデート』になってしまいます。

自信がないのであれば無理にテンションを上げず、最初は相手のペースに合わせてみてください。案外、会話のない空気を心地いいと感じているかもしれません。

沈黙が気まずくなるような空気を自分から作り出してしまうのがよくないのです。

③敬語に少しずつタメ口を混ぜていく

デートする相手との関係性によっては敬語からスタートすることもありますよね。距離を縮めたかったら、少しずつタメ口を混ぜていってみてください。

 
最近何か変わった出来事ってありました?
そーですねー、そういえば、街で○○(芸能人)見ました!
 
 
えっほんとに!?ロケでもやってたんですかね?
詳しいことはわからないんですけどね(笑)
 

発言をすべてタメ口にするのではなく、一部にタメ口を混ぜていくのがポイントです。

 
えっほんとに!?ロケでもやってたのかな?

相手の人柄にもよりますが、いきなりタメ口になると困惑する人もいるかもしれませんね。

最終的にはすべての発言をタメ口に変えるようにしましょう。友達に敬語を使う人ってあんまりいませんからね。

編集部 石狩
相性によっては敬語のままでも距離を縮めることができます。でも僕としてはさりげなくタメ口に変えていくことをおすすめします!

④緊張していることを正直に伝える

緊張していて言葉が出てこないときは、正直にそのことを相手に伝えましょう。

相手も同じことを感じていた場合、お互いにリラックスできます。

こちらが一方的に緊張している場合には、相手の方からリードしてくれるかもしれません。

緊張していることを正直に話すことは、メリットがいっぱいなのです。

⑤相手の話に興味を持って耳を傾ける

相手が自分のことを話しているときは、ほんの少し大げさにリアクションしてあげましょう。

『あなたの話を興味深く聞いていますよ』という印象を持ってもらえれば、相手は会話が楽しくなり、より素の自分に近い状態で話してくれるようになります。

相手が素の自分で接してきてくれると、こちらも素を出しやすくなります。

地味ですがきちんと効果があります。

⑥相手の良い部分はしっかりと褒める

⑤と同じく、きちんと相手を認めてあげること。相手の良い部分はスルーせず、すかさず褒めてあげましょう。

 
○○ちゃんは家族思いなんだね。○○ちゃんの家族は幸せ者だ!
 
○○くんは友達が多いんだね。みんなに愛されてるってすごいことだよ!

上記のような立派な誉め言葉でなくても構いません。特定のジャンルについて詳しいとか、ちょっとおしゃれな趣味を持っているとか、なんでもいいので褒めましょう。

『相手に認めてもらえている』と感じると誰だって幸せですからね。

編集部 石狩
「褒めなきゃ」と意識しすぎて、わざとらしい感じにならないように注意!

それでも沈黙が怖い人は「質問力」を磨こう

この記事では、小手先の会話テクニックやネタではなくもっと根本的な「心構え」に近い部分を紹介してきました。

「等身大でいること」「こちらから先に心開くこと」など僕なりに重要なことをお伝えしましたが、それでも沈黙が怖い人もいるでしょう。

そんな人のために「質問」で会話を広げる方法を紹介します。

質問さえできれば会話が途切れることはない

まずは下記の会話の流れを見てみましょう。

 
①○○ちゃんは好きな街ってどこ?
②うーん、そうだなあ、横浜かな?
 
 
③横浜なんだ!横浜のどんなところが好きなの?
④独特な都会っぽさが好きなんだよ、海があって(笑)
 
 
⑤そうなんだ(笑)確かに、ビルと海がすぐ近くに並んでるよね(笑)

普通の会話ですが、男性は女性にしゃべらせているだけです。質問したら答えが返ってくるので、それに対して『共感』するか、さらに『質問』するかの二択しかないのです。

男性の会話は『①質問→③質問→⑤共感』の流れになっています。仮に、男性が横浜について知らなかった場合には『①質問→③質問→⑤質問』になります。

 
⑤横浜にはいったことないんだよね(笑)海があるってことはお台場っぽい感じ?
⑥ちょっと違うかな。お台場ほどのリゾート感はないからね(笑)
 

質問さえできればそうそう会話がとぎれることはないのです。

編集部 石狩
美容室にいくと会話が弾むんですけど、これって、美容師さんの質問力が高いからですよね。

質問の回答に対し共感したり、膨らませる能力が必要

質問できるネタならいくらでもありますよね。

  • 住んでる街
  • 好きな動物
  • 休日の過ごし方
  • 子どものころの話
  • 好きな食べ物・飲み物
    (無限にあるので省略します)

こちらが質問したら、必ず回答が返ってきます。この回答に対して、共感したり、1段階おもしろくしたりして返すことができれば、沈黙せずに楽しく会話ができるのです。

 
女性:①○○君は今の仕事ずっと続けていきたいの?
男性:②そうだね。他にできることもないからね。
 
 
女性:③そうかな?○○君てプロゲーマーとかなれそうだよね(笑)
男性:④どういうこと(笑)俺ってそんな風に見えるの(笑)
 

ここでは女性が①で質問をして、その回答に対して③で1段階会話を膨らませて返しています。

  • 質問する力
  • 回答に対してさらに回答する力(共感力・膨らませる力)

この2つがあれば、会話の内容に困ることが少なくなります。

編集部 石狩
あまりにも不毛な質問をすると盛り上がらないので、相手の好きそうな話題など、少しは頭をひねりましょうね(笑)

デートで気を付けたい会話(男性編)

基本的には等身大で楽しく過ごすべきできすが、無意識のうちに女性を不機嫌にしてしまうことも。

そんなことが無いように、男性が女性に対して気を付けて欲しい発言をまとめました。

女性の見た目をきちんと褒めること・否定しないこと

気を許している人ならまだしも、会話に悩むくらいの関係の人とのデートですよね。

相手の女性は、いつにも増して見た目に気を使ってくると思います。

わざとらしくならないように、さりげなく褒めてあげてください。恥ずかしかったら、少し冗談ぽいような形でも大丈夫です。

 
男:そのネックレスいいね!なんか似合ってる(笑)

馬鹿にしたニュアンスにならなければ、こんな感じでも全然大丈夫です。女性は「おしゃれしたかいがあった」と感じるはずです。

逆に、見た目を否定するような発言は絶対にやめてください。理由は言わなくてもわかりますよね。

会話にオチや理由を求めすぎないこと

女性が楽しく会話しているときは、その会話にオチや理由を求めないようにしましょう。

『男性脳』と『女性脳』があり、男性は何かと理由を求めてしまいがちなのです。

 
最近youtubeにハマってるんだよねー
なんで?
 
 
まあなんとなく(笑)

男性としては理由が気になるのが当たり前ですよね。

大切なのは、オチや理由を求め『すぎない』ことなので、頭の隅に入れておくだけでOKです。

 
最近youtubeにハマってるんだよねー
そうなの(笑)どんな動画見るの?
 
 
猫とか犬とか(笑)

こっちの方がなんとなく楽しいですよね?

相手のわからない専門的な話はほとほどに

専門的な技術が必要な仕事をしていたり、すごい特技を持っていたりする人は、それについて聞かれても、語り過ぎないようにしましょう。

女性の方から聞いてくることもあるし、語ってはいけないわけではありません。ただ、話しながら、独りよがりになっていないか女性の様子を観察するようにしましょう。

興味をもって聞いてくれているなら続けてもいいし、興味がなさそうだったら切り上げて他の話題に変えましょう

編集部 石狩
石狩:僕も気を付けます。

過去の自慢話をしないこと

過去の自慢話を嫌う女性は意外と多いです。どうせ自慢するなら、現在の話にしましょう。

ちょっとした内容ならいいのです。『昔は勉強ができた』『昔は痩せてた』など。

  • 昔は大企業で働いていた
  • 昔はこんな人と知り合いだった
  • 昔は不良だった

『していい自慢』と『してはいけない自慢』に明確なラインはありませんが、『過去の栄光に浸っている』と思われないように注意しましょう。

編集部 石狩
こう見えて昔テニス超強かったです。

下ネタをいうときは慎重になること

会話に悩むような男性であればあまり心配はいりませんが、下ネタはやめておきましょう。

コミュ力に自信があって、笑いをとれたり、その後の展開につなげたりできる自信があるならいいですが、大すべりする可能性もあります。

女性の方から下ネタを振られたときは動揺せず、はっきりと答えてしまいましょう。遠慮するのもかっこ悪いからです。

編集部 石狩
下ネタに付き合ってくれる女性は優しいらしい(Misyu編集部女性陣より)。

デートで気を付けたい会話(女性編)

次は、女性の方が気を付けるべき会話を紹介します。

男性の自尊心を傷付けないこと

男性のプライドを傷付けないようにしましょう。

  • 年収のこと
  • 雇用形態のこと
  • 夢のこと

など

主にステータスに関わることを否定されると男性はあなたのことを嫌いになります

つい否定してしまったときはすぐに謝罪しましょう。

 
ごめんね!そんなつもりで言ったんじゃなかったの。

その場では笑ってくれるかもしれませんが、2度と会えなくなるかもしれない危険な発言です。

しゃべりすぎて相手を困らせないこと

おしゃべりなのはその人の立派な個性です。ですが、相手のことを置いてけぼりにしないようにしましょう。

男性が話している途中に会話をさえぎるのもよくありません。

「自分はおしゃべりだ」という自覚がある女性は「相手の会話を引き出してみよう」という気持ちを持つようにしてみること。

この心構えは今後の人生でも必ず役に立つはずです。

年収や仕事について深く聞かないこと

付き合いが浅い男性に対して、年収や仕事について深く聞かないようにしましょう。

男性が自分から話し始めた場合には「自慢」ですのでしっかりと聞いてあげましょう。

仕事内容の会話ならまだしも、ストレートに年収を聞いたりすると、男性は嫌な気持ちになります。

『年収で男の価値を図ろうとしている』と感じるわけですから当然ですよね。

デートプランへの文句や愚痴を言わない

「歩き疲れた」などは、男性は気づけなかったりすることが多いです。正直に伝えた方が、男性としてもありがたいはず。

ただ、2人で行列に並んでいるときに「いつまで並ぶの…」などの文句や弱音を吐いても仕方がありません

二人揃ってテンションが下がるだけなので、ひたすら耐えるか「すごい待ちそうだから他のお店にしようか?」と並ぶ前に回避を提案しましょう。

また、「料理がおいしくない」などの発言も、したところで料理の味が変わるわけではなく、ただデートがつまらないものになるだけなので、その場では我慢しましょう。

元彼の話は聞かれるまでしない

元彼の話は聞かれるまでしないようにしましょう。してはいけないのは、「元彼のこんなところが好きだった」などの恋愛話ばかりではありません。

 
先週元彼からいきなり電話が来たんだけどね、出てみたら…

女性としては元彼に好意があるわけではないし、何の悪気もない会話の一部ですが、「元彼がちらつくこと」それ自体に男性はがっかりします

編集部 石狩
どうせなら過去じゃなくて未来の話をしましょう!

まとめ

この記事の大事なポイントをまとめました。

  • 大事なのは会話のネタやテクニックではない
  • 初対面のデートでも等身大の自分を引き出せるようになることが大事
  • 普段よりいい自分を見せようとしすぎない
  • しゃべるのが苦手な人は、しゃべらなくてもいいデートや短時間デートがおすすめ
  • 「質問力」「共感力」を磨けば会話には困らない

マッチングアプリで知り合った人とデートする場合など、会話に困ることはあると思います。

ですが、これも数を重ねることでだんだん慣れてきます。この記事の内容を頭に入れつつ、デートを楽しめるようになってください!

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.