復縁の可能性を14問で診断チェック!元カレとよりを戻せるパターンは?

投稿日:2019年7月30日 更新日:

あなたにとって「元カレ」とはどんな存在ですか?
二度と思い出したくもないという人は、新しい恋へと進んでいるケースが大半でしょう。

しかしまだ新しい恋に出会えない、またはその機会があっても進むことができない。そういった場合、まだ元カレを好きな気持ちを引きずっていませんか?

できれば元カレとよりを戻して復縁したい、でもその可能性や方法がわからない。そんなお悩みを抱えているあなた。今から診断テストで元カレとの復縁の可能性をチェックしてみませんか?

元カレと復縁できる可能性は2割!

それでは、実際に元カレ・元カノと再び付き合うこととなった「復縁経験がある」割合はどのぐらいだと思いますか?

(引用元:恋学

株式会社リンクバルの調査によると、復縁経験のある男性は13.4%女性は18.7%なんだそうです。この数字を高いと思いますか? それとも低い、絶望的だと感じられるでしょうか?

ちなみに株式会社リンクバルの調査結果は、復縁を望んでいた人に限ったものではありません。街コン参加者の中から20~30代の男女533人を調査対象として抽出し、アンケートをとったものから割り出した数値です。そう考えると決して低いものではないと思いませんか?

元彼と復縁できるか可能性をチェック診断

もう一点、株式会社リンクバルの調査結果でご注目いただきたいのは「復縁経験の男女比」です。

男性より女性のほうが復縁経験率が高いですね。復縁に応じるのは男性のほうが多いと考えると、女性から行動を起こした場合のほうが復縁成功の可能性が高いと言えるのではないでしょうか。これはチャンスかもしれません。復縁活動も、思い立ったが吉日。

しかしやみくもにアプローチして失敗に終わり、あなたが傷つく結果になったり二度と元カレと接点を持てない状況になったりしてはいけません。まずはあなた自身と元カレとの関係を冷静に見つめ直し、対策を考えていくことから始めましょう。

そこで今回は復縁できる可能性を測るYes・No式の診断をご用意いたしました。Yesの数をチェックし、覚えておいてくださいね。

1. 別れる際は、素直に別れを受け入れた(Yes/No)

別れ際の印象は、彼の意識に強く残っているものです。
男性が元カノに未練を残してしまう理由の一つに、「別れのシーンがきれいすぎて、美しい思い出となっている」というものも挙げられます。

反対に女性がヒステリックに激高して別れてしまった場合、残念ながら彼にはイヤな思い出・二度と会いたくない人という印象を与えてしまっている可能性が高いです。

2. SNSやLINEはブロックしていない(Yes/No)

失恋直後は早く忘れたいという気持ちが先に立ち、相手のSNSやLINEをブロックしてしまいがちです。

しかし反対の立場で考えてみてください。拒絶されてしまったと絶望して傷ついてしまうでしょう。心底から嫌いになったわけではないのなら、ブロックはせずに静観するのがベストですね。

3. SNSやLINEはブロックされていない(Yes/No)

反対に元カレがあなたのSNSやLINEをブロックしている場合、拒絶の意思表示であると考えられます。その状態で無理に連絡を取ろうとすると「しつこい」と疎まれてしまう可能性が高いので要注意です。

4. 彼とは2年以上付き合っていた(Yes/No)

交際期間が長いほど、好きだったときの気持ちを思い出しやすい傾向にあります。
付き合いが長いほど、二人だけの思い出エピソードも多くあるはずです。楽しい思い出や、あなたの魅力や長所などもたくさん彼の心に残っていることでしょう。

5. 別れてからしつこく連絡していない(Yes/No)

別れるときやそのすぐ後は、感情がたかぶっています。そんなときにしつこく連絡してしまっても良い結果は生まれません。

疎まれてしまったり罵り合ってしまったりと、ますます関係を悪化させてしまう場合も多々あります。お互いに距離を置き、自分の気持ちや別れてしまった理由などを見つめ直す冷却期間が必要です。

6. 別れてから3ヶ月以上経っている(Yes/No)

5でお話しした冷却期間は、最低でも3カ月以上は必要です。別れて3カ月以内の場合、まだ別れの気まずさや心の傷が残っています。

しかし時間が経てばそれらのマイナス感情が薄れ、お互いに楽しかったエピソードを思い返したり懐かしんだりする余裕が生まれます。復縁を提案するのはそれからでも遅くありません。

7. 別れた原因が「気持ちのすれ違い」(Yes/No)

復縁できるかどうかの分岐点に、「別れの原因」も大きな割合を占めています。

決定的にどちらかの落ち度が理由だった場合はそのわだかまりを取り払うのは難しいところですが、そうではなく漠然とした理由ならば話し合いで修復できる可能性は高いです。

8. 彼以外の男性ともデートしている(Yes/No)

元カレしか見えていない状態では、また同じ失敗(別れ)を繰り返すことにもなりかねません。自分と元カレの両方を客観的な目線で見るためにも、一度元カレ以外の男性にも目を向けてみましょう。

9. 別れてからSNSと距離を置いている(Yes/No)

直接会わなくても、SNS上で何度もあなたを見かけると冷却期間の意味がなくなってしまいます。

ただし復縁を希望するなら彼を拒絶するブロックは禁物です。元カレとつながっていたSNSはブロックせず、更新を控えたり元カレとつながらない別アカウントを取ったりするなどの対処法をおすすめします。

10. 別れてから彼とカラダの関係を持っていない(Yes/No)

元カレとの再会後、すぐにカラダの関係を持ってしまっていませんか?

男性にとって元カノは誘いやすく、都合のいい関係になれると認識されやすい傾向にあります。カラダの関係を持つのはきちんとした恋人関係として復縁してからにしましょう。

11. 立ち直れないぐらい彼を傷つけた言動はない(Yes/No)

人は受けた痛みをかんたんに忘れることができません。
もし別れの原因が明らかにあなた側の落ち度だった場合(あなたの浮気や暴力、元カレのコンプレックスをひどく傷つける暴言など)、それを償い許してもらった上でよりを戻すしかありません。しかしその成功率はかなり低いものとなるでしょう。

12. 今なら別れた原因を冷静に理解できる(Yes/No)

もし無事に復縁できたとしても、再び別れることになっては意味がないどころかマイナスです。再復縁できる可能性は別れの回数ごとに下がってしまいます。

別れた原因を思い返すのはつらいことですが、冷静に分析してみましょう。原因を正しく究明・把握できたなら、同じ失敗を繰り返すことはなくなるはずです。

13. 恋愛以外のハマっている趣味がある(Yes/No)

恋愛脳に偏りすぎると視野が狭まってしまい、交際において感情的になりがちです。

恋愛以外にもハマっている趣味・目標を持っている女性は、他人の価値観を認められる、束縛しすぎない、相手を尊重できるなどの心の余裕が生まれます。

14. 交際中は彼のほうが夢中だった(Yes/No)

交際中には元カレのほうがあなたよりもマメに連絡を取ってきていた、デートの時にあなたや二人での写真を撮りたがっていた、ケータイの待受はあなたの写真だった、友達や周囲の人に恋人としてよく紹介していた・会わせていた、など。
いくつか思い当たるポイントはありますか?

それらがあるようなら、元カレのほうがあなたに夢中だった可能性が高いです。付き合っていた頃の楽しい思い出が、まだ元カレの中にたくさん残っているかもしれません。付き合っていた頃のことを冷静に思い返してみましょう。

Yesは何個?復縁の可能性をチェック

以上14項目の診断中、あなたのYes回答は何個ありましたか?

これからYesの個数別に分けて、あなたが元カレと復縁できる可能性の診断結果をご紹介していきます。診断はあくまでも目安ですが、今後のあなたの行動や対策を考える指針となることでしょう。

Yesが0〜4個:復縁可能性15%

復縁の可能性としては、残念ながら低いと言わざるを得ないでしょう。

そこで諦めて他の男性との次の恋愛に進むのか、元カレに再アプローチするのかはあなたの気持ち次第です。ただしこの状態から元カレとの復縁に進むには、かなりの努力と忍耐、そして再アプローチするまでの冷却期間を要します。

あなたの気持ちは復縁に傾いていても、元カレには嫌な思い出の方がたくさん残っている可能性が高いからです。
それを払拭して相思相愛だった頃の気持ちに戻ってもらうのは至難の業でしょう。それでもまた傷ついてもかまわない、そして結果復縁できなくても後悔しない覚悟はできていますか? よくよく自分の気持ちを見つめ直してください。

Yesが5〜10個:復縁可能性40%

復縁できる可能性はやや高いですが、焦ってはいけません

元カレに復縁したいと思わせるには、以前に付き合っていたときもっと魅力的な女性になっている必要がありますね。
再アプローチするまでに、元カレには一切連絡をしないでおく冷却期間をしっかりと取っておきましょう。

その間にあなたがすることは、別れた原因の究明と反省。そして同じ過ちをおかしてしまわないように対策を練ること。自分に非があるところは素直に認め、それを直すよう努力しましょう。また、趣味・教養・美容などにも注力し自分磨きをすることも効果的ですね。

Yesが11〜14個:復縁可能性60%

復縁できる可能性は高いです。とは言え100パーセント確実というわけではありません。

一度壊れた関係を元に戻すのは容易なことではないですよね。油断と焦りは禁物です。いきなり恋人関係としての復縁を申しこむのではなく、まずは友達としてからやり直してみてはいかがでしょうか。

そのためにも別れの原因究明と反省、そして自分磨きは怠らないでください。あなたのことで元カレがいやがっていたところがあればそれも直すよう気をつけましょう。
以前に付き合っていた頃の二人に戻るのではなく、その頃よりもっと素敵な関係性を新たに築いていきたいですね。

復縁できる可能性が高いパターン

復縁できる可能性が高いかどうかのポイントは、大きく括ると「別れの原因」と「あなたの心の余裕」の2点です。

別れの原因が下記のものである場合、復縁できる可能性が高いといえるでしょう。

  • 意地の張り合い、ささいな原因が発端の口論やケンカ
  • あなたから別れを切りだした
  • 関係のマンネリ
  • 気持ちや生活環境のすれ違い

こういった原因の場合、まだお互いに好きな気持ちや後悔が残っているケースが多々あります。一度別れてしまったものの、別れた後にお互いの存在の大きさや必要性に気付くというケースもありますね。

次のポイントは、「あなたの心の余裕」です。恋愛以外にも頑張っていることや目を向けているものがある女性は輝いて見えます。
そして彼だけに執着しないので、相手を束縛したり困らせたりといったマイナス行動を起こしません。それが彼にとっては信頼や安心感につながります。彼が再びあなたを魅力的だと感じたなら、復縁へと進みやすくなるでしょう。

壊れた縁を修復するのは容易なことではありませんが、一度付き合ったことのある相手だからこそ愛着を育みやすいことが復縁のメリットの一つかもしれません。

復縁できる可能性が低いパターン

反対に下記のようなケースは、残念ながら復縁できる可能性が低いパターンです。

  • 致命的にひどい別れ方をした
  • 別れの原因は、明らかにあなた側にあった
  • 彼に対する恋愛感情で頭が一杯になっている
  • 元カレに、新しい恋人や想いを寄せる相手がいる

「致命的な別れ方」「あなた側の明らかな過失」とは、どちらかの浮気・暴力や、相手の自尊心を激しく傷つける暴言などです。特に浮気や暴力の場合、仮に一旦復縁できたとしてもまた同じことを繰り返して再び別れることになる可能性大です。

彼に対する恋愛感情が過度に強すぎて他のことが目に入らなくなっている場合、彼依存症になったりストーカー化したりする危険性があります。
元カレもあなたも不幸になってしまう可能性が高いので、一度自分の気持ちをクールダウンする必要があるでしょう。恋愛だけでなく、その他の事柄においても視野を広げる努力をしてみてください。

元カレに好きな人ができてしまった場合は、その好意が彼の迷惑になってしまったり、下手をすれば元カレにとって都合の良い関係になってしまったりと双方が不幸になる結果を生んでしまいます。

大切なのは元カレもあなたも幸せになること。その方向の一つとして「復縁を諦めること」があるかもしれません。

まとめ

壊れた関係を修復するのは困難なもの。
それでも復縁したいと願う気持ちは、衝動的な軽い気持ちではないでしょう。しかし一方的に気持ちを押しつけても、相手も同じ熱量を持って応えてくれるとは限りません。元カレの立場や気持ちを考えてみることが必要です。

復縁はゴールではありません。一度別れてしまった二人が再び幸せになるためのプロセスなのです。復縁に向けて動き出すときには慎重に。そして相手への思いやりを心がけることが吉となるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.