復縁するにはどうしたらいい?別れ方で違う「元カレとまた付き合う方法」

投稿日:

「大好きだった元カレともう一度復縁したい」と後悔している女性は意外と多いものです。

元カレと復縁を望むなら、ただ行動を起こせばいいという訳ではありません。彼とどのような別れ方をしたのかによって、しっかりと作戦を立てる必要があるのです。

そこで、ここでは元カレと復縁をするコツとNG行動について紹介します。

別れた方で違う!復縁する方法4パターン

元カレと復縁をするには、別れ方が大きく関係していることは知っていますか。少しつらいですが、復縁をするためには自分がどうして彼と別れたのか思い出してみましょう。

ここでは、別れ方によって違う復縁方法を4つのパターンで解説します。

1. 話し合いで穏便に別れた

お互いにネガティブな感情がなく、なんとなく距離があいて別れてしまったという場合や、話し合って穏便に別れた場合は復縁もしやすいのが特徴です。

別れたときにネガティブな感情がないため、復縁をどちらから求めたとしても「まぁよりを戻してもいいかな」と思えます。
だからといって、別れてからすぐに復縁を迫ってしまうと「しつこいな」と思われてしまうので、焦って前のめりにならないようにしましょう。

半年ぐらいは連絡を取らずに過ごします。もし、その間に相手の誕生日などイベントがあればメッセージを送るのもおすすめです。相手からの返信が早かったり、会話が続いたりすればあなたとの復縁の可能性も考えられます。

よりを戻したいのであれば、タイミングを見て慎重に連絡を取ることが大切です。

2. 別れ際、感情的にすがってしまった

好きな人との別れはつらいものですが、感情的になって相手に泣きすがってしまうと、彼は別れたときのヒステリックな表情をずっと覚えています。
「別れる」「別れない」の進展しない状況が続いてしまうと「この女面倒くさい」と思われてしまうこともあるのです。

また、一時的な感情で相手を一方的に責めるのもよくありません。我に返って彼に謝罪しても「本心ではなく、よりを戻すための謝罪だろう」と思われてしまいます。

また、復縁したい気持ちが強すぎて、冷却期間が短いタイミングで連絡してしまうと「うっとうしいな。しつこいな」と思われてしまうのです。
彼はしばらくの間、あなたに対してネガティブな感情を抱いています。連絡をしたいと思っても、最低半年間は期間をあけるようにしましょう。期間を置くことで、あなたに対するネガティブなイメージが薄れていき返信をくれるようになるかもしれません。

3. 別れてからセフレになってしまった

元カレと復縁を望むなら、セフレの関係はすぐに辞めましょう
セフレになってしまうと、はっきりとしない関係がズルズルと続きます。元カレからすれば、あなたは自分の言うことを聞く、都合のいい女性になっているのです。

元カレに新しい彼女ができたとしても、あなたに報告する必要はないですし、あなたから責められることもありません。ですから、ズルズルとした関係が長く続けば続くほど、あなたがどんどんつらくなっていきます。

ここは、「ちゃんと付き合いたい」とはっきりとあなたの思いを伝えましょう。あなたがきちんとした態度を示すことで、彼もあなたと改めて付き合うのか、関係を断つのか判断します。
そのときは、彼は答えをごまかす可能性が高いので、それ以上詰め寄るのは辞めておきましょう。数日経っても彼の答えがはっきりとしなければ、連絡を思い切って断ちます。

そうすることで、「中途半端な状態では会いません」とあなたの意志を示し、彼があなたと本気でよりを戻したいのか、遊びのままでいたいのかがその後の行動でわかります。

4. 彼に好きな人ができた

元カレに好きな人や彼女ができたと知ったとき、とてもショックを受けるでしょう。「もうあの人と二度と付き合えないかも」と悲しくなりますが、ここは考え方を変えてこの状況をチャンスと考えるのがおすすめです。

相手に彼女がいるとなれば、あなたとの復縁には時間がかかります。しかし、冷却期間が長いことで、あなた自身の自分磨きができる時間になるのです。メイクやファッションの勉強をして、彼女よりも魅力的な女性に変身することで、元カレもキレイに変わったあなたのことが気になり始めます。

相手が新しい彼女と付き合い始めて、半年〜1年ぐらい経った頃に、何気なく「元気?」と短文でメッセージを送ってみましょう。相手も「あれ?久しぶりだな」とあなたのことを嫌いでなければ、返信してくれるはずです。
そこから少しずつメッセージをやり取りしていくと、あなたにチャンスが訪れるのです。

元カレと復縁するためのコツ7つ

「あんなに好きになった人はいない」「どうしても元カレと復縁したい」と苦しんでいるあなたに、元カレと復縁するための7つのコツを紹介します。どれも難しいことはなく、すぐにでも始められるのでできることから少しずつ試していきましょう。

1. 充分な冷却期間を置く

復縁する可能性を高めるためには、どんな別れ方であってもしばらく完全に連絡を断つことが大切です。
それは、別れたばかりだとあなたに対して彼が冷めていたり、嫌っていたりする場合があるからです。

そのまま連絡をしつづけてしまうと「面倒くさい女」と思われてしまい、自ら復縁の可能性を無くしてしまいます。

時間が経つにつれ、あなたの悪い印象が少しずつ消えていくので、別れたらしばらく距離を置くことが重要です。充分な冷却期間があると相手は「そういえばあいつは今、どうしているのかな?」とあなたのことを思い出すでしょう。

2. 彼の立場になって気持ちを想像する

「私がこんなに復縁を望んでいるのになんで復縁してくれないの?」とあなたが、感情的になってしまうと「やっぱり付き合うのは面倒だな」と捉えられ、彼はあなたの元から完全に去ってしまいます。

ですから、感情的になるのではなく、一度冷静になって彼はどんな気持ちで過ごしているのかな?と相手の立場に立って考えることが大切です。

彼の立場になってみると「しつこく電話しすぎた」「相手を傷つけることを言ってしまった」と自分を振り返ることができ、自分の行動が相手を思っての行動に少しずつ変わってきます

3. プライベートを充実させ、女磨きをする

「元カレと復縁したい」と望むなら、まずは自分を変えていくことが大切です。元カレのことばかり考えていると、不安や悲しみなどマイナスな感情しか生まれません。

まずは、自分の外見を変えてみたり、視野を広げて合コンに参加してみたりと元カレのことを考えない時間を作ると、気持ちが落ち着くでしょう。また、自分磨きをすることで、以前よりも魅力的な女性にUPするので、自分にも自信がつくようになります。

4. 相手の誕生日に短いLINEをする

しっかり冷却期間を置いたあとは、誕生日にお祝いのLINEを送ることが効果的です。相手は「自分の誕生日覚えていてくれたんだ」と素直に嬉しくなります。

それと同時にあなたのことを「やっぱりいい元カノだったな」と思い出すかもしれません。

お祝いのメッセージを送るときのコツは、短文やスタンプで軽くお祝いするだけにとどめておきましょう。長文でメッセージを送ると「重たすぎる」と思われてしまいます。関わったら面倒くさそうと思われないためにも、短文とスタンプだけにしておくことが大切です。

5. SNSの更新を控える

別れた寂しさを埋めるために、SNSを頻繁に更新し「私はあなたがいなくても充実している」とアピールをしてしまうと、かえって復縁が難しくなります

その理由は、SNSが頻繁に更新されているのを見ると「俺がいない方が楽しそうにしているな」と思われてしまうからです。

元カレが少しでもあなたに気持ちがあったとしても、充実した生活が見えてしまうと「もう連絡しない方がいいな」と思われてしまいます。SNSは別れている期間は、なるべく頻繁に更新するのは避けておくことが復縁の近道になります。

6. LINEのアイコンを盛れた写真にする

元カレとお互いSNSで繋がっているなら、LINEやSNSのアイコンを思いっきり盛れた顔写真にするのがおすすめです。

何気なく、彼がアイコンを見たときに「こんなに可愛かったっけ?」とあなたのことを思い出します。一度思い出せば「そういえば、あいつ今何しているのかな?」とあなたが最近どうしているのかが、気になり始めるのです。

また、写真を盛ることで、あなたと過ごした楽しい思い出が蘇り「あのときは楽しかったな」と次第にあなたを意識するようになります

7. 再会するときは絶対に笑顔

仕事やイベントなど元カレと会う機会がある人は、とにかく笑顔でいることが重要です。ブスッとした態度や表情だと「まだ怒っているのかな?」と思わせてしまい、話すきっかけがなくなってしまいます。

また、気まずい空気感を出してしまうと「周囲のことも考えられず、露骨に嫌な態度を出すのはナシだな。やっぱり別れてよかった」と思われてしまう可能性もあるのです。

そうならないために、ニコニコと話しかけやすい雰囲気を作っておくことで、向こうから「最近元気にしてる?」と話しかけられるかもしれません。復縁をするには、相手が話しかけやすい態度でいることが大切です。

復縁を遠ざけるNG行動3つ

「早く元カレと復縁したい」と復縁を望む気持ちばかりが先走ってしまうと、彼が引いてしまうNG行動を無意識のうちにしているかもしれません。

そこで、復縁を遠ざけてしまうNG行動を3つ紹介します。

1. 別れてすぐ復縁を迫る

どんな理由で別れたとしても、別れてすぐに復縁を迫るような行動はNGです。

相手は、あなたとの関係を色々と考えてから「別れる」という決断をしています。ですから、数日、数週間で彼氏彼女の関係に戻るということは考えていません。

また、別れたきっかけがあなたの言動や行動が嫌いになったからという理由であれば、すぐに復縁を求めても「数日間では何も変わらない」と思われてしまうので、復縁は難しいでしょう。
彼があなたに対するネガティブな気持ちが薄らぐまで、しばらく連絡は控えておくことが重要です。

2. 彼の非を責めつづける

別れるときは、冷静な判断ができず感情的になってしまうことも多いです。

しかし、彼と別れたくないからといって「あなたのために、これまで色々と尽くしてきたのに別れるとか最悪」「本当にあなたって最低な人」など相手にグサリと刺さる言葉で、責めつづけてしまうと相手の心はポキっと折れてしまいます。
あなたが本心で言ってなかったとしても、相手はひどく傷つき復縁を考えられなくなるのです。

また、冷却期間が長く久しぶりにメッセージを送ったとき、相手からの返事が遅かったとしても「見てる?」など催促をしてはいけません。あなたとの嫌な思い出がよみがえってしまい、復縁からはさらに遠くなってしまいます

3. 彼とカラダの関係を持つ

彼のことが好きだからといって、別れている状態でカラダだけの関係を持つのは絶対にNGです。

「元カレだしいいかな?」とその場の雰囲気で流されがちですが、相手からすれば都合のいい女としてしか扱いません。その場では、上手い言葉であなたを気分良くさせますが、彼女としてではないので勘違いしないようにしましょう。

1度都合のいい女になってしまうと、復縁することは難しくなりあなたが求めていた彼氏、彼女の関係ではなくなります

まとめ

元カレと復縁したいと望む女性は多く、1日でも早く以前のような楽しい毎日を過ごしたいと思うものでしょう。

ただ、復縁を望むなら焦りは禁物です。冷却期間をしっかりと取ること、自分を以前よりも魅力的な人間にすることでさらに復縁の可能性を高めます。

今回紹介した復縁のコツを押さえることで、大好きな彼とまた付き合えるようになるかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.