【必見!】ペアーズにサクラ・業者はいない?サクラ・業者の見分け方

投稿日:

 
誰もが知る人気マッチングアプリPairs(ペアーズ)ですが、気になるのはサクラや業者はいるのかどうかですよね。

特に男性は料金を負担しなければなりませんので、サクラや業者がいるかどうかは重要です。

ペアーズはかなり評判がいいので、これだけ人気のペアーズで出会えなかったから、サクラや業者を疑っている人もいるかもしれませんね。

大手のマッチングアプリの場合は、サクラを排除できるよう取り締まりを強化しており、安心して使えることが多いです。

ただし、それはシステム上の話ですので、トラブルに巻き込まれないためにも、個人でも防犯意識を持って利用することが重要です。

引用元:FNN.jpプライムオンライン|出会った相手は“強盗犯”… 人気「マッチングアプリ」に潜む危険とは

この記事では、ペアーズのサクラについて、いるのかいないのか、サクラと業者の違い、サクラと業者の見分け方、ブロックの仕方を解説します。

 
なお、この記事では、サクラを、「やり取りを長引かせてユーザーに課金させる行為をする人」と定義して解説します。

結論!ペアーズにサクラはあまりいないが一部存在する!

結論から申し上げると、ペアーズにサクラはあまりいないと言えます。もちろん、実際にサクラに遭遇してしまった人もいますし、ペアーズにサクラがいないという正式な統計もありません。

またこのサクラは誰が雇ったかにもよって解釈は異なります。少なくともペアーズ側にサクラを雇う理由は微塵もないでしょう。

詳しく解説します。

ペアーズの運営側がサクラを雇う理由はない

お伝えした通り、サクラとは「やり取りを長引かせてユーザーに課金させる行為をする人」のことですが、ユーザーに課金をさせて得をするのは誰でしょうか。

もちろん運営側ですので、サクラは運営側が雇っていると考えられます。

例えば、立ち上げたばかりのアプリでは、会員数が少なく、会員数を増やすために、運営自体がサクラを雇うなんてアプリもあります。

しかし、ペアーズは会員数が1,000万人もいるため、ペアーズの運営がサクラを雇う必要はありません

むしろ、より集客するために、信頼性を高める方向に動くのが企業として自然です。

ペアーズの登録はこちら

外部サイトが雇ったサクラは女性が有料でない限り流入し続ける

 
問題となっているサクラは、積極的にやり取りをさせて最終的に外部の課金必須のサイトに誘導する、外部サイトが雇ったサクラのことですよね。

ペアーズにサクラはいないと断言できないのはこれが原因です。ペアーズの運営会社がサクラを雇うことは考えにくいですが、外部サイトから流入していることは事実です。

ただし、これはペアーズに限ったことではありません

女性が有料のアプリでない限り、どのアプリにも男性をひっかけようとするサクラは、残念ながらどこにでもいます。

これは外部サイトが広告をうつよりも、ペアーズで集客した方が安価だからです。

ペアーズ側も取り締まりを強化してはいますが、キリがありません。会員数が多く出会いやすい反面、そういった輩が集まってしまうのかもしれませんね。

サクラではないもののひまつぶしをしている女性もいる

出会えないからサクラばかりという意見もありますが、出会えない原因が、サクラだらけで出会えないのか、プロフィールなどに問題があるのか、はっきりさせないことには断言できません…。

やや古いデータではありますが、2016年に公開されたMMD研究所と株式会社コロプラが行った共同調査「マッチングサービス・アプリの利用実態調査」によると、マッチングアプリを使った女性側の感想で最も多かったのは「ひまつぶしになる」でした。

引用元:MMD研究所|マッチングサービス・アプリの認知度は38.2%、うち利用経験者は22.8%、相手を選ぶ際に重視する項目、男性は「顔」女性は「年齢」がトップ

このデータでは特定のアプリを指しているわけではないため、どのアプリを利用しても、「ひまつぶし」程度で利用している女性が一定数いることがわかるのではないでしょうか。

中には、承認欲求を満たしたいだけの人もいるでしょう。

もちろん、思ったような相手を見つけられなかったために、ひまつぶし程度の利用になってしまったケースもあるかもしれません。

外部サイトのサクラと同様に、女性が有料で本気のサイトを利用しない限り、こういった女性が一定数混じってしまうのも仕方ありません。

出会えない=サクラばかりと断言するのは尚早なのではないでしょうか。

サクラと業者の違い

サクラは冒頭でお伝えした通り、やり取りを長引かせてユーザーに課金させる行為をする人のことです。

やり取りに課金しているユーザーにさらに課金をしてもらって得をするのは運営側なので、サクラは運営側が雇っていると考えるのが自然でしょう。

(2)実際の客ではないが客の振りをして、商売や番組などをより良いものに見せかけるべく雇われた人々のこと。実際よりも盛況に見せたり、良いものが提供されているように見せるため配置される。例えば飲食店のサクラならば、行列を作るために雇われる人やネットにその店の良い評判を流して金を受け取る人などをサクラという。

引用元:Weblio辞書

一方、業者と呼ばれるのは、マルチ商法やビジネスの勧誘を行う人たちです。こういった業者も大手のペアーズに登録しています。

そして、マッチングアプリにいるのは、このサクラ、業者だけではありません。

 

独立している個人がビジネスを持ち掛けてくるケースや、ひまつぶしで男性に食事を奢ってもらうことだけを目的としている女性、あるいは、ホステスなど同伴を勧誘してくる女性などさまざまです。

アプリ側はユーザーの入会目的を判断する術はありませんので、こういった人とマッチングしてしまう可能性はあります

サクラと業者の見分け方

 
ここでは、外部サイトが雇っているサクラと、ビジネス勧誘をしてくる業者の見分け方をご紹介します。

サクラの見分け方

1:プロフィール写真がモデル級に美人・可愛い

まずは、プロフィール写真がモデル級に美人・可愛いことが挙げられます。外部サイトに誘導するのなら、誰もが食いつく美女・可愛い人の画像を利用しますよね。

最近はハイレベルな加工技術が簡単に使えますので、写真だけの判断は難しいです。

不安に感じたら、相手の写真をGoogleで検索してみましょう。サクラとしてヒットするかもしれません。

2:プロフィールが適当・男性ウケがいい好条件ばかり

サクラの場合は、プロフィールが適当か、男性ウケがいい好条件ばかりどちらかです。

一人で大量の女性になりすましている相手は、いちいちプロフィールなんか記入していられませんので、適当な内容になるか、コピペで少し改変しているかどちらかでしょう。

また、女性の自己紹介にはアプリ内にあるいくつかの参考文や定型文をそのまま利用している可能性がありますので、似たような自己紹介なら定型文を丸々使用しているのかもしれません。

あるいは、男性ウケのよい「寂しがりや」「恥ずかしがりや」「気軽に出会いたい」といった内容が綴られていることも。

 
美人で気軽に会いたい女性は、すでに気軽に出会える特定の男性がいるのではないでしょうか…。

3:コミュニティに所属していない

サクラであれば、当然いちいち細かいディティールにこだわらないでしょう。コミュニティに所属していない可能性が高いです。

4:いいねの数が多い

特徴の一つがいいねの数が多いことです。手当たり次第にさまざまな人にいいねをしているので、返ってきているケースもあります。

美女や可愛い人の写真を利用しているためいいねが多いのは当たり前かもしれませんね。

5:やり取り開始から他の手段で連絡を取ろうとする

サクラの特徴の一つは、やり取り開始直後から他の手段で連絡を取ろうとすることです。

もちろん、やり取りにもお金がかかる男性としてはありがたい話ですし、気を使ってそういう女性もいるかもしれません。

 

しかし、女性がマッチングアプリで実際に相手と出会うまでの心理的なハードルは、犯罪などのリスクがあるため高いです。

そう簡単にLINEIDを教えようということはないでしょう。

個人情報の流失を防ぎたいのであれば、フリーメールなどを利用するとよいでしょう。

7:やり取り直後から会おうとするなどやたら積極的

こちらも同様です。正直女性にとっては、よほど好みの相手であってもすぐ会おうとは思いません

すぐ会おうとする相手には、それなりのメリットがあるのでしょう。例えば、外部サイトに誘導したい、あるいは、同伴出勤や高級な食事を奢らせたいなどです。

 
サクラの場合は、何としても別サイトに誘導したいので、やり取りを開始した直後から、「会えそう」「身体の関係を持てそう」といったイメージを連想させてきます

また、会話があまりかみ合わず、やり取りが適当なケースもよくあります。肉体関係を目的とした相手を釣りたいので当然かもしれません。

 
都合のいい女性はこの世にいないと考えたほうがよいでしょう。ハッキリ言って、真っ当な女性からすれば簡単に会うことにメリットはありません

8:勝手に可愛い写真・セクシーな写真を送りつけてくる

同様に、あなたの気を反らさないように、勝手に可愛い写真やセクシーな写真を送ってきて、「どうかな?」などやり取りをしてきます。

 
理性を保って、冷静に分析してください。

9:理由をつけて別のサイトでのやり取りを誘導してくる

決定的なのは、何かと理由をつけて別サイトでのやり取りを誘導してくる点です。

例えば、

 

スマホが壊れたからこちらでやり取りをしましょう

こっちのサイトだと身分証が必要だから安心できるの、こっちに移動してほしい

などです。

ここまでやり取りをしてしまっていると、ある程度相手にお金をかけてしまっていることになりますので、この段階に達する前に、多面的に判断したいですね。

業者の見分け方

業者、いわゆるビジネス勧誘をしてくる相手の見分け方をご紹介します。

1:自己紹介文に、特定のキーワードが並んでいる

ビジネス勧誘の大きな特徴は、自己紹介文です。特定のキーワードが並んでいる場合、注意が必要です。

注意ポイント

夢・自由・貢献・稼げる・ライフワークバランス・脱毛・美容・自己啓発・副業・健康・やりがい・仲間・人生を変える・独立・成功など

コンサルタント・アドバイザー・オーナー・サポート

恋愛目的でない・友達がほしい・向上心ある人が好き

やたらに旅行に行っているアピール・きらびやかで羽振りがいいアピール

 
また、若い女性なのに、職業が自由業や個人事業主といった場合も警戒したほうがよいかもしれません。

2:所属コミュニティが一貫していない

業者を見分ける方法の一つが、所属しているコミュニティを確認する方法です。

業者の特徴は、人気のコミュニティにとりあえず所属しています。なぜなら、多くの相手と出会って、ビジネスをアピールする狙いがあるからです。

誰でも入っているような、出会いやすいようなコミュニティに所属している可能性があります。

一方で、相手の趣味の傾向がはっきりわかるコミュニティばかりに所属しているのであれば業者ではないでしょう。

3:メッセージにも特定の傾向がある

やり取りを開始した直後に判断できるポイントが、ビジネス特有の傾向があるかどうかです。

メッセージでは、旅行自慢・仕事自慢やアピール・夢や人生について語ってきます。

メモ

  • こんな場所に行き、こんないい経験をしました、こんな風に生活していますと、誰もが羨むような自由アピールをしてくる
  • 自分がしている仕事は、時間に縛られずに自由、好きな場所で稼げるとアピールしてくる
  • 〇〇アドバイザー、人生のサポートをしていますなど、抽象的な仕事内容を説明してくる
  • 人生を変える・一度きりの人生・役立つなどの話をしてくる

単に旅行の話だけでは判断できませんが、仕事の話や人生の話になると赤信号に近いでしょう。

人生に不満があったり、目標がない、夢が欲しいような人は引っかかる可能性があります。相手も勧誘しやすいかどうか判断しているのでしょう。

4:積極的に会いたがり、行きつけのカフェなどを提案してくる

これはサクラと同じですが、すぐに会いたがります。ビジネスの勧誘がしたいだけなので、相手と仲良くなったり、恋人になったりする気はないからです。

また行きつけのカフェで会うことや、行きつけのカフェで特定の時間に会うことを提案してきた場合も要注意

ビジネスの勧誘に時間とお金をかけたくはないでしょうから、いつも勧誘をするカフェに誘ってくる可能性が高いです。

特定の時間に誘ってくるのは、カフェで別の仲間と落ち合って、勧誘してくるケースもあるからです。

 

 

もちろんビジネスの勧誘であっても、その相手を気に入ってしまって、どうしても付き合いたいのであれば、実際に会ってみるのも一つの方法です。

サクラと違って、実在している人間であることには変わりありません。

通報・ブロックの仕方

 
もし相手がサクラや業者だとわかったら、ペアーズの運営に通報や違反報告するか、ブロックをしましょう。

ペアーズの規約では、他サイトへの誘導・ビジネスの勧誘は違反行為に該当します。

通報やブロックしたい相手の画面で、右上の「…」をタップすると、違反通告・ブロックどちらも可能です。

ペアーズの登録はこちら

まとめ

この記事ではペアーズのサクラと業者について、見分け方などを解説しました。

人気のマッチングアプリには人が集まりますので、そういった人々を鴨にしようとした輩が集まるのは当然かもしれません。

 
ペアーズに限らず、どんなマッチングアプリでもサクラや業者に出会う確率はあります世の中甘い話には罠があるということを覚えておきましょう

注意ポイント

もしそういった相手にマッチングしてしまっても、お金を支払ったり、何かを契約したりするのはやめましょう

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ペアーズの登録はこちら

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.