マッチングアプリで実際に会うまでの流れ・メッセージ・注意点を徹底解説

投稿日:2019年7月25日 更新日:

今の時代、マッチングアプリをきっかけに結ばれたカップルはたくさんいます。今現在、アプリを通して恋活しているという方は多いでしょう。

アプリを利用することで、自分の生活圏外の人とも気軽に出会えるようになったのは、とてもうれしいことです。ところがアプリの普及により、新たな悩みもでてきているようです。それは、「マッチングはするけれども、実際に会う段階までなかなかたどり着かない」というものです。

今回は、そんなお悩みを解決するために、「実際に会う」段階にたどり着くための流れや、メッセージのやりとり中の注意点を解説していきます。

実際に会うまでどれくらいかかるの?

最初のメッセージから実際に会うまで、実際はどれくらいかかるのでしょうか。

これは私の友人の体験談ですが、マッチングし、メッセージのやりとりを始めてから、3ヶ月後に会ったと言っていました。友人は早く会いたいと思っていたそうですが、相手がタイミング悪く長期出張だったので、遅れてしまったんだとか。

稀にこのようなケースもありますが、平均的にはメッセージのやりとりを始めてから数日間〜1ヶ月以内に会っているようです。1ヶ月以上も会う約束まで話が発展しない場合は、そのまま自然消滅してしまうケースが多いようです。

マッチングしてから、初回の挨拶メッセージ(数時間~1日前後)

マッチングアプリは、お互いに「いいね」を押すことでメッセージのやりとりができるようになるのが一般的です。アプリによっては、有料会員になれば相手から「いいね」をもらっていない状態でもメッセージを送ることができるものもありますが、少数派です。

マッチングしたら絶対に会う気があるか、といえばそうではありません。とりあえず「いいね」を押しておいたけど、やりとりしても会うというほどにはモチベーションが上がらず、マッチングだけして会話が始まらない場合もあります。

3日以上どちらからも挨拶をしない場合、何も発展せずに終わる可能性が高まります。「まずは相手から挨拶して欲しい」と考えている女性も多いようですが、ご縁を引き寄せたいなら、マッチしたら自ら挨拶メールを送ってみましょう。

メッセージ開始~会う約束を取り付けるまで(3日~1ヶ月以内)

マッチしてメッセージのやりとりが始まってから、会う約束を取り付けるまでのメッセージ頻度は、その人次第です。ですが、「メッセージの頻度が少ない」=「会いたい気持ちがないのでは」と感じて、テンションが下がってしまう人もいます。

「いいな」と思った相手なら、1日1往復でもいいのでメッセージのやりとりをしておくことが望ましいでしょう。

会う約束の取り付け方は、そのアプリがどういった種類のものか、によって変わってきます。例えば、飲み友募集のようなカジュアルなアプリであれば、「今日、仕事帰りに飲まない?」とフランクに誘うのもありでしょう。

ですが、婚活アプリのような、真剣度の高いアプリでそのような誘い方をしたら断られる可能性があります。真剣度の高いアプリを通して実際に会う場合は、事前に日程を決めておくことあまり遅い時間を指定しないこと、がマスト条件です。

会う約束を取り付けられたら、いよいよ次はデートです。ですが、マッチングアプリを使用しているということは、約束した相手は複数の異性と同時並行でデートを進めている可能性が高いということでもあります。

そのため、他の相手とうまくいっている場合、直前にキャンセルされたりする可能性もゼロではありません。キャンセルされても、落ち込む必要はありません。すべてはタイミングの問題ですから、気を落とさずに、次のチャンスを狙いましょう。

実体験!デートにこぎつけたメッセージをご紹介

次に、会う約束を取り付けることに成功した、実際のメッセージのやりとりをご紹介します。

デートの約束を取り付けたメッセージのやり取り

このメッセージのポイントは、具体的に自分の希望を伝え、相手の予定を確認していること。
つまり、メッセージを送る目的がハッキリしていることです。
男性は要点を得ないメッセージのやり取りを好まない傾向にありますので、伝えたいことはストレートに表現しましょう。

デート前から男性が「楽しみ!」と感じるモテメッセージのコツ

「会う前からデートは始まっている」と考えましょう。メッセージの返信が遅すぎたり、なんでも相手任せの場合、男性のデートに対するモチベーションが下がってしまう可能性があります。

例えば、「お店選びを相手任せにしないで候補の店のURLを送る」「おすすめの本を読んだ、と報告しておくなど、相手に興味があることを伝えておく」など、相手を気遣う素振りをみせると好感度がアップします。

また、デート前に男性のワクワク感をアップさせるために、
「いよいよ明日だね!楽しみだなあ。」
「やっと会えるね!ちょっと緊張してるけどワクワクしてる!」
等、
楽しみにしていることを伝えるといいでしょう。

実際にデートが決まった!当日気を付けること

1.時間には余裕をもって

最初のデートで最も気をつけなければならないのが、「時間に遅れないこと」です。初めての場所に行く場合は特に、時間に余裕を持って家を出ましょう。

また、最初のデートで終電ギリギリの時間に会おうとしてくる男性には気をつけましょう。女性側の都合をまったく考えていない「自己中男」の可能性が非常に高いです。

先ほど紹介した、私の友人のメッセージのやりとりですが、相手の男性は「ランチの方がいいよね?」と自分から早めの時間を指定していました。お互い面識のない者同士、相手のことを気遣えるとても紳士的な男性と言えますね。

2.お酒を飲みすぎない

マッチングアプリでの出会いは、いわば、全く知らない人同士の出会いです。当然ですが、いつもより警戒心を強く持っておくべきです。

注意しすぎることに越したことはないので、最初はなるべく警戒心は持っておくべきでしょう。

3.初デートでいきなりドライブは避けて

初対面で相手の車に乗るのは絶対にNGです。どこに連れて行かれるかわかりません。初デートからドライブを提案する男性は考え物です。また、「家に迎えに行く」と言われても、最初は住所を教えないようにしましょう。相手の人間性を知るまえに、住所を教えるのは危険です。

まとめ

今回は、マッチングアプリを使って実際に会うまでの流れや注意点について解説しました。

マッチングアプリでは多くの誠実な人が真剣に出会いを探しています。
しかし、中には、遊び目的の人や既婚者が利用していることもあります。

「いい人ばかりではない」「書かれていることが事実とは限らない」ということを心に留めながら、慎重にメッセージのやりとりを進めて、素敵な出会いを引き寄せましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
今来今

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.