マッチングアプリ自己紹介の見本!いいねが止まらないプロフィールの書き方

投稿日:2019年7月30日 更新日:

マッチングアプリに登録してからまず最初にするのが「プロフィールの設定」。
プロフィールで必要になる「自己紹介文」はあなたの恋活を左右するほど重要なものです。

この記事では自己紹介文を書くときのコツやNG例を詳しく解説し、モテる自己紹介文の秘訣についてもお教えしていきます。マッチングアプリでなかなか結果が出ない……と悩んだときにはぜひ参考にしてみてください。

自己紹介文を書くときのコツ

マッチングアプリの自己紹介文で相手を惹きつけるにはコツが必要です。
ここでは、マッチングアプリで「いいね」が止まらなくなる自己紹介文を書くために、おさえておくべきコツについて解説していきます。

1. 仕事の内容と、登録したきっかけを簡単に書く

まず、あなたの仕事の内容と、登録したきっかけを書きましょう。
あなたのプロフィールはたくさんの会員が閲覧できるため、仕事内容は「都内のIT系」「美容部員」「看護師」など企業名を特定されない程度に書くことがポイントです。

登録したきっかけは「職場で出会いがなく、まずは気軽にお友達から仲良くできる方と出会いたくて登録してみました♪」など、重すぎないように書きましょう

2. 自分がどんな性格かをメリットを多めに書く

プロフィール欄はあなたの魅力を最大限にアピールする場です。あなたの長所をなるべくたくさんアピールしましょう。
しかし、いざ自分の性格について書こうとすると、欠点ばかりに目が行ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときは「選ぶ言葉」をポジティブに変えるだけで、あなたが欠点だと感じる部分をメリットに変えることができます。
例えば、「物静かな性格」を「穏やかで『一緒にいると落ち着く』と言われます」と言い換えるだけで、受け手の印象はぐんと良くなります。

あなたの性格をポジティブな言葉に置き換えると、相手はそれらをあなたの「長所」だと受け止めてくれるのです。

3. 男性でも共感しやすい趣味を書く

趣味についても、あなたの人となりが相手に伝わる大事な要素です。
しかし、マニアックすぎる趣味について熱弁を振るってしまうと、相手が敬遠してしまうことがあります。

そういった場合には男性でも理解しやすい書き方をしたり、一緒に楽しんだりできる趣味を書いたほうが好印象となります。
もし、これといった趣味がないという場合でも「休日の過ごし方」などで男性が共通点を見出だせたり、共感できたりすることを書いてみるのもいいでしょう。

4. どんなデートをしたいかを書く

また、どんなデートがしたいかをプロフィールに書いておくのも、思わず相手が「いいね」をしたくなるポイントになります。

「カフェ巡りをしたい」「山登りみたいなアクティブなデートがしてみたい」「お互いのことを話しながらドライブをするデートが好き」などと具体的に書くことで、相手はあなたと実際に付き合ったときのイメージがしやすくなります。

デートプランも立てやすくなるので、デートのお誘いも増えるはずです。あなたがしたいデートのイメージをちょっと具体的に思い浮かべ、プロフィールに書いてみましょう。

マッチングアプリで出会った男女の初デートを成功に導くポイント

男女が出会うきっかけとしてその存在がどんどん大きくなっているマッチングアプリ。 ひと昔前なら少し抵抗があったマッチングアプリも、スタンダードとなりつつある昨今、私の周りにもアプリで出会って真剣交際して ...

5. 離婚歴、子持ちなどは正直に書く

あなたがもし過去に離婚を経験していたり、子供が居たりする場合には、プロフィールの段階で隠さず正直に書くようにしましょう。

もちろん、詳細に離婚原因などを書く必要はありませんが、マッチングしてからでは言い出しにくくなることもあります。

ですから、過去の結婚歴や子供についてはプロフィールであらかじめ伝えておき、そのうえでマッチングする相手を見つけていくことが、「隠し事をされていた」「嘘をつかれていた」などのトラブルを避けるためにも大切です。

バツイチ子持ちの再婚が難しい理由|お互いに後悔なく幸せになる方法

 バツイチで子持ち。こんな自分は再婚は難しい…? 結論からお伝えすると、未婚女性やバツイチ子なしの女性と比べると、バツイチ子持ち女性の再婚はハードルが高いといえます。相手方の男性が独身であれば、なおの ...

6. 気軽に会ってみたいと思わせる

マッチングアプリで恋活をするにあたって大切なのが気軽に「この人に会ってみたい」と思ってもらえることです。

真剣さをアピールしようとして内容が重くなってしまうと、かえって出会いを遠ざけることに繋がってしまいます。ですから、ほどよく力を抜いて「いい相手に出会えたら嬉しい」くらいのスタンスで文面を書いてみましょう。

かといって、力を抜きすぎて「誰でもいいのか」と思われるのも考えものです。あくまで「お互いのことをよく知るために、まずは気軽に会ってみたい」という気持ちがちゃんと伝わるような文面を心がけましょう。

マッチングアプリで実際に会うまでの流れ・メッセージ・注意点を徹底解説

今の時代、マッチングアプリをきっかけに結ばれたカップルはたくさんいます。今現在、アプリを通して恋活しているという方は多いでしょう。 アプリを利用することで、自分の生活圏外の人とも気軽に出会えるようにな ...

異性に引かれる自己紹介NG例

ここからは、異性がプロフィールを見たときにドン引きしてしまう「自己紹介文NG例」について解説していきます。

プロフィールを書くにあたっては、多少なりとも自分のことを客観視する能力が大切です。「相手はどんなことを知りたいのか」を把握していないと出会いのチャンスを逃しかねません。

チャンスを確実にモノにするためにも、少しでも当てはまる項目があったらすぐに書き直すようにしましょう。

1. 内容が短すぎる or 長すぎる

まず、プロフィールの内容が短すぎたり、長すぎたりする場合は即座に「いいなあ」と思う対象から外されてしまいます

たとえば、「よろしくおねがいします!」や「〇〇在住。誰でもウェルカムです!」だけのプロフィールだと人となりが全くわからず「いいね」が押しづらいです。反対に読むのが疲れるほどびっしりと身の上話が書かれていても、読む気をなくしてしまいます。

ですから、この場合はあなたの人となりがちゃんと伝わるように、要点を絞って伝えたいことを書くようにするのが大切です。

2. 上から目線で書いている

どことなく上から目線で書かれているプロフィールも引かれてしまいます。

逆の立場で考えてみるとわかりやすいですが、たとえば「よく言われるので、わたしは美人なんだと思います」や、「年収800万円以上の方なら会ってもいいかなと思います」などと書かれているプロフィールを見て「この人に会いたい」という気持ちにはなりませんよね。

あなたがいくら美人で魅力的な女性であっても、選ぶ立場にいるのは相手も一緒なのです。あくまで謙虚な姿勢で、自分の長所や求める相手のタイプをアピールするように心がけましょう。

3. ターゲットを絞りすぎている

理想のタイプを細かく書きすぎている場合も要注意です。

相手が誰でもいいことがにじみ出ているプロフィールもよくありませんが、「身長175cm以上、動物好き、バンドが好き、都内在住、俳優の〇〇似で落ち着いた性格の方と仲良くしたいです♪」というように好みのタイプや彼氏に求める条件を思いつくだけ書いてしまうと、当てはまる人が極端に少なくなって出会いを遠ざけてしまいます。

男性の好みをさらっと書いたり、「〇〇が好きな場合はぜひ」と書くぶんには問題ありませんが、あまりにターゲットを絞りすぎないよう注意しましょう。

4. 内容がネガティブすぎる

最後に、内容がネガティブすぎる自己紹介はもっとも陥りやすいNG例です。
「5年付き合った彼と別れてから出会いがありません。人見知りで友達も少なく、趣味もありませんが、そろそろ結婚に焦りを感じたので登録しました」などの、文面からネガティブなオーラが滲み出ているような自己紹介文には誰も食いつきません。

ですから、これらが事実だとしても、基本はポジティブに受け取ってもらえるように書き換えることを心がけましょう。もし、離婚や過去の失恋に対して言及するとしても、あくまでポジティブに書くことが大切です。

モテる自己紹介文の見本

では、これまで解説したポイントを踏まえて「モテる自己紹介文」とはどういったものか、男女1つずつ例を挙げて解説していきます。このモテ見本を参考に、あなたを最大限アピールできる自己紹介文を早速考えてみましょう。

モテる自己紹介(女性)

はじめまして。プロフィールを見てくださり、ありがとうございます!
都内で会社員をしている〇〇といいます♪今年で27歳になるのですが、女性ばかりの職場で出会いが少ないので思いきって登録してみました(≧∇≦)
好奇心が旺盛でいろいろな場所にお出かけすることが好きなので、一緒に楽しんでくれる方と仲良くなれたら嬉しいです!そしてわたし自身、ちょっとだけ優柔不断なところがあるので、決断力のある方はとても魅力的だなと思っています。お互いをよく知ってから関係を進めていきたいと思っているので、少しでも興味をもっていただけたのであればメッセージでお話ししましょう!よろしくおねがいします♪

こちらはモテる自己紹介の女性編です。女性の場合はほどよく顔文字や音符などを用いると文面に女性らしさを感じ、印象アップに繋がりますのでおすすめです。

モテる自己紹介(男性)

はじめまして。〇〇といいます。読んでくださってありがとうございます!

僕は現在27歳で営業職をしていて、休日は友人とバスケなどして過ごすことが多いです。

デートでは美味しいお店の開拓やドライブデートが好きなので、同じタイプの女性と出会いたいなと思っています。さらに笑顔が素敵なら、なおさら嬉しいです!

初対面では「寡黙そう」だと言われますが、実際は話をすることも聞くことも好きで、あまり人見知りをしない性格なので、興味を持っていただけたら「いいね」なども気軽にしてください!

昼間は仕事でメッセージを返せないこともありますが、夜には必ず返信しますので、まずはざっくばらんにお互いのことをお話ししましょう。

よろしくお願いします!

こちらは男性編です。男性は女性よりもあまり顔文字や絵文字を多用せず、シンプルな文面にするとより好印象となるでしょう。

まとめ

マッチングアプリにおいてプロフィールは、恋活の成功を左右するほど重要な項目です。

好印象を持ってもらうためにはいくつかのコツがあり、そのコツさえつかめばすぐにモテるプロフィールへと作り変えることができます。

ですから、マッチングアプリでなかなか結果が出ない場合にはプロフィールの内容を見直し、いいねがとまらない「モテるプロフィール」で出会いのチャンスを確実にモノにしましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© Misyu , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.